【こんな仕事があったのか】時代と共に世界から消えた「9つの職業」

時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から消えていった知られざる仕事の種類を振り返って紹介したい。

あなたの知ってる職業、一体いくつあるだろうか?

世界から消えていった職業たち

■1 ボーリングのピンのセット係

2056bee878c6fcc6e21cb12cdae77b34b3354a79

ボーリングが自動化する以前、倒れたピンの並べ替えや集計は全て人の手で行われていた。1900年代半ばに自動式のピンセッターマシンが導入するまではピンセッターと呼ばれる職業が存在していたようだ。

■2 目覚まし係(Knocker-uppers

Cd9f28b7e9921769f5b4dfb8d43675ff3f174071

目覚まし時計が登場する前に存在した職業。その内容は、「ドアや窓を叩いて、依頼主を起こす」という荒っぽいもの。

■3 ネズミハンター(Ratcatchers)

ヨーロッパでは、プロのネズミハンターが存在していた。その過剰な繁殖を防ぎ、感染症から国民を守るためのかなり危険な仕事だったようだ。

■4 街頭のランプライター(Lamp Lighter)

今でも存在はしているらしい、しかし相当にレアな職業と化してしまっているようだ。電力が普及する前には、実際に人の手でその明かりが灯されていたようだ。

■5 牛乳配達員(Milk man)

71157dbe459a787a0f3866381e53b95a94b24082

以前は新鮮で冷たい牛乳を各家庭に運んでくれる「牛乳屋さん」が多くの家庭に訪れていたようだ。

■6 ログドライバー(Log Driver)

写真だけでは伝わりづらいかも。「川に丸太を流し、それを目的地まで運搬する」職業だそう。以前は日本にもあったようで、トラックなどの運搬車両ができる前はこうやって川に流して運んでいたという。すごい!

■7 電話交換手(Switchboard operator)

882c8d59e6dc0425633d739d93764f89f91eb73c

電話はもともと直通ではなかった。電話を掛けると、まず電話交換手に繋がる。すると交換手が回線を手動で繋げていたのだ。直通で繋がる現在のような電話が登場した時、人々はその技術進歩に驚いたという。

■8 死体発掘人(Resurrectionist)

19世紀頃、大学の研究に使用する人体を手に入れる為、墓場から死体を発掘する職業が存在したようだ。

■9 人間レーダー(Acoustic Rader)

センサーによってレーダー探知できるようになる前の時代、戦争では「人間の聴力でミサイルの音を感知する」という超アナログな方法で攻撃を察知していた模様。果たして、間に合ったのだろうか…?


消えていった職業は決して少なくない。自動改札機が生まれる前には鉄道改札員という「切符切り」の仕事があった。携帯電話が普及する前、「ポケベル」が流行した時代には「ポケベル・ガール」なる音声ガイダンスの仕事があったのだ。

歴史を振り返ると、今となっては想像もできないような珍しい職業がもっとたくさんあったのかもしれない。

世の中には多くの職業が存在するが、中でも危険とされるものを「The Infographics Show」が紹介している。以外な職業の名が上がっている。また...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...
「自分の天職ってなんだろう?」「今の仕事は本当に合っているのかな?」と一度くらい、本気で考えたことがあるはずです。自分の「特性」を探って、それにマッチする...
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。