【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)

「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマーキャンプ”を再現することだそうです。

オーガナイズするのは「デジタル・デトックス」社。目的のひとつはその社名にある通りですが、デジタルだけには留まらないデトックスの内容が人気の様子。要とも言えるルールを見てみましょう。

ルール1
デジタル機器は入り口で回収!

A448ed93f9ca775ba20737546f0e8514ed51742e
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

入り口で待ち構えているのは、白い防護服を身に纏ったスタッフたち。一体何!?

Ec2b828ef02401e55bc229c919777d72d5242201
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

これは、入口で行われるテックチェック。生命維持に必要な装置など例外を除き、身に着けているデバイスの類はこの場で回収!デジカメもダメです。写真を撮りたい人は、インスタントカメラなど、アナログであれば使用OK。

ちなみに、緊急時の連絡については、別途連絡先が用意されるため、事前に家族や友達、職場に共有しておく仕組みだそう。準備ができたら中へ!

ルール2
時間を忘れろ

07ec132720efbcb1339a5816dcea4f68b2079064
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

イベントの最中は、時計を使いません。画像に書かれているとおり、時刻はちょうど「なう!」というワケ。

明るくなったら目を覚まし、満点の星空を仰いで眠るといった具合に、無理のないスケジュールの中、アラームが鳴らない生活を送ります。

ルール3
仕事の話は一切ナシ

5fd338386b5acbeaba3dd9d662d47571f4ef39f7
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

webサイトには「ここはコネクションを作るための場所ではありません」と明記されています。

たしかに、日常から離れようというのに自己紹介で仕事の話からなんてのは、野暮かも。

ルール4
年齢は関係ない(大人なら)

C4dd8a1f184f910d398a345c6d7e9b1b5e28820c
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

みんなでっかい子どもなのです!とのこと。恋に落ちたり、アドバイスを受けたり、こっそり秘密を打ち明けたり、一緒に遊んだりするときに年齢なんて考えるべからず。

ルール5
お酒やドラッグは禁止

20b9249fa2c24ea97223fd2129308956afd298ac
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

わざわざドラッグについて言及しているあたり、海外ならではでしょうか。気が散る原因は一掃して生きる歓びを味わおうというのが主眼にあるため、とにかく酔っ払わずに楽しもうよってことですね。Q&Aにはこんな説明も。

「小さい頃に行ったサマーキャンプで、お酒なんて飲まなかったでしょう?」。

ルール6
参加できるのは大人だけ

86eeec730fb692433dd0516f5cd5cfc03c24b069
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

子どもを連れて行ってもいいの?なんて質問があるようですが、あくまで18歳以上であることが参加条件です。なぜなら「大人のためにつくられたサマーキャンプ」だから。ペットの同行も禁止。

ルール7
ライトやサイリウムを
持ち込んではいけない

8d7ea50139e38bca64f9c4f7b9b30eb5d20fb7aa
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

自然の中では、目を休ませることも大切。そのため、運営側は照明の量についても制限を設けており、参加者にも協力を呼びかけています。

これだけ制限があると、地味な催しなのでは?と思いますよね。ところがどっこい。

アクティビティは40種類以上

7bb2f8e5a808cce2af7bc7022293320a69df6452
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

アーチェリーやウォータースポーツ、陣取り合戦などレクリエーションのほか、シルクスクリーンプリントや木製スプーンづくりなどの手工芸体験、音楽、ダンス、アート、マッサージ、さらにはマッチングイベントまでと幅がとても広い!

有名アーティストが出るわけではなく、参加者がみんな同じ立場という点がミソ。VIPもバックステージもありませんが、どれも気軽に参加できて盛り上がりそうなものばかりです。

中にはタイプライターを使ったクリエイティブ・ライティングなど、デスクワークに近いものもあります。が、自然をまえにして自分のペースで文字を打つと、ラップトップで作業するのとは違って心地が良いのだとか。

フードもめちゃ魅力的!

59aed0c7f12a17caee9c9fb42eef753ee9f560f5
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson
68c41e006860e8a55b99377b818939e459ea906b
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

お肉も菜食メニューも準備万端。健康的なメニューを取り揃えているようです。見てるだけで、お腹が空いてきますね。

2016年5月から10月にかけて、ニューヨーク、北カリフォルニア、ノースカロライナ、テキサス周辺の大自然の中で開催されるこちらのイベント。価格は、3日間のチケットが645-695ドル。日本円にしておよそ7万円以上かかりますが、設備の充実した本格的なデトックスキャンプに身を投じたい人にとっては、魅力の宝庫かもしれません。

下の動画で実際の様子が確認できるのでチェックしてみてね。行ってみたい!

Licensed material used with permission by Camp Grounded
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
日本でも、キャンプ版Airbnbと数年前から有名になっている「Hipcamp」。2015年に登場したにもかかわらず、未だに人気が衰えない理由は、デジタルデ...
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
25歳のとき、アメリカンアパレル(American Apparel)の渋谷店を世界一の売り上げ(全250店舗)へと導いた人物だ。現在、デジタルPRとして活...
クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのもので...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
『7つのステップでスマホを手放す 退屈すれば脳はひらめく』(NHK出版)の著者であるマヌーシュ・ゾモロディさんは、バリバリ仕事をこなすBBCのニュース記者...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
世界には、さまざまなデジタルデバイスが溢れています。生活を便利にし、効率化し、最適化するプロダクトももちろん大切ですが、時には遊び心を思い出したくなること...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...