【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)

「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマーキャンプ”を再現することだそうです。

オーガナイズするのは「デジタル・デトックス」社。目的のひとつはその社名にある通りですが、デジタルだけには留まらないデトックスの内容が人気の様子。要とも言えるルールを見てみましょう。

ルール1
デジタル機器は入り口で回収!

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

入り口で待ち構えているのは、白い防護服を身に纏ったスタッフたち。一体何!?

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

これは、入口で行われるテックチェック。生命維持に必要な装置など例外を除き、身に着けているデバイスの類はこの場で回収!デジカメもダメです。写真を撮りたい人は、インスタントカメラなど、アナログであれば使用OK。

ちなみに、緊急時の連絡については、別途連絡先が用意されるため、事前に家族や友達、職場に共有しておく仕組みだそう。準備ができたら中へ!

ルール2
時間を忘れろ

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

イベントの最中は、時計を使いません。画像に書かれているとおり、時刻はちょうど「なう!」というワケ。

明るくなったら目を覚まし、満点の星空を仰いで眠るといった具合に、無理のないスケジュールの中、アラームが鳴らない生活を送ります。

ルール3
仕事の話は一切ナシ

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

webサイトには「ここはコネクションを作るための場所ではありません」と明記されています。

たしかに、日常から離れようというのに自己紹介で仕事の話からなんてのは、野暮かも。

ルール4
年齢は関係ない(大人なら)

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

みんなでっかい子どもなのです!とのこと。恋に落ちたり、アドバイスを受けたり、こっそり秘密を打ち明けたり、一緒に遊んだりするときに年齢なんて考えるべからず。

ルール5
お酒やドラッグは禁止

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

わざわざドラッグについて言及しているあたり、海外ならではでしょうか。気が散る原因は一掃して生きる歓びを味わおうというのが主眼にあるため、とにかく酔っ払わずに楽しもうよってことですね。Q&Aにはこんな説明も。

「小さい頃に行ったサマーキャンプで、お酒なんて飲まなかったでしょう?」。

ルール6
参加できるのは大人だけ

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

子どもを連れて行ってもいいの?なんて質問があるようですが、あくまで18歳以上であることが参加条件です。なぜなら「大人のためにつくられたサマーキャンプ」だから。ペットの同行も禁止。

ルール7
ライトやサイリウムを
持ち込んではいけない

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

自然の中では、目を休ませることも大切。そのため、運営側は照明の量についても制限を設けており、参加者にも協力を呼びかけています。

これだけ制限があると、地味な催しなのでは?と思いますよね。ところがどっこい。

アクティビティは40種類以上

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

アーチェリーやウォータースポーツ、陣取り合戦などレクリエーションのほか、シルクスクリーンプリントや木製スプーンづくりなどの手工芸体験、音楽、ダンス、アート、マッサージ、さらにはマッチングイベントまでと幅がとても広い!

有名アーティストが出るわけではなく、参加者がみんな同じ立場という点がミソ。VIPもバックステージもありませんが、どれも気軽に参加できて盛り上がりそうなものばかりです。

中にはタイプライターを使ったクリエイティブ・ライティングなど、デスクワークに近いものもあります。が、自然をまえにして自分のペースで文字を打つと、ラップトップで作業するのとは違って心地が良いのだとか。

フードもめちゃ魅力的!

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson
Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

お肉も菜食メニューも準備万端。健康的なメニューを取り揃えているようです。見てるだけで、お腹が空いてきますね。

2016年5月から10月にかけて、ニューヨーク、北カリフォルニア、ノースカロライナ、テキサス周辺の大自然の中で開催されるこちらのイベント。価格は、3日間のチケットが645-695ドル。日本円にしておよそ7万円以上かかりますが、設備の充実した本格的なデトックスキャンプに身を投じたい人にとっては、魅力の宝庫かもしれません。

下の動画で実際の様子が確認できるのでチェックしてみてね。行ってみたい!

Licensed material used with permission by Camp Grounded
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
米・デジタル本閲覧サービス「インターネットアーカイブ」が在宅学生を救うため誰でもすぐに読みたい本にアクセスできるオンライン図書館「ナショナルエマージェンシ...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
昨年、米国内735店舗を閉鎖した米国「トイザらス」が、小売大手「Target(ターゲット)」と提携してデジタルストアを再開。
「デジタル時差ボケ」とは、デジタルデバイスの使い過ぎによるブルーライトの悪影響で、睡眠のリズムが乱れて身体が常に“昼夜逆転状態”に陥ること。メガネブランド...
12月14日、豊島区の子どもたち(未就学~小学校中学年)を対象とした「池袋デジタル寺子屋2019」が開催。
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
日本でも、キャンプ版Airbnbと数年前から有名になっている「Hipcamp」。2015年に登場したにもかかわらず、未だに人気が衰えない理由は、デジタルデ...
先日「Google」は、現代人のデジタル生活を改善するべく「デジタル・ウェルビーイング」に関するアプリを発表。専用封筒に入れて“電話機能”だけの使用を可能...
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
METoA Ginzaで開催中の「デジタル収穫祭 in Ginza」。食の恵みへの感謝をコンセプトに、農作物を育てる苦労と喜びを同時に体感できます。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
「GMOインターネットグループ」は、12月5日に開業した「渋谷フクラス」の商業施設「東急プラザ渋谷」にて「GMOデジタル・ハチ公」をオープンした。
「Teva」がデジタルコンテンツ「HOME ADVENTURE by Teva」を公式サイトにて提供開始。
日本の文化、アート、モノづくりを発信するデジタル体験施設「羽田出島(DEJIMA by 1→10)」が、「羽田空港」に隣接した複合施設「羽田イノベーション...
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!