子どものためのデジタル系ワークショップ「池袋デジタル寺子屋」が開催

明日12月14日、豊島区の子どもたち(未就学~小学校中学年)を対象としたデジタルキャラクターづくりのワークショップ「池袋デジタル寺子屋2019」が開催される。主催は「株式会社エクストリーム」と「NPO法人ゼファー池袋まちづくり」。

このワークショップは、デジタルクリエイターとして活躍中のエクストリーム社員がインストラクターとなり、子どもたちが持つ豊かな想像力でデジタルキャラクターをARコンテンツに仕上げるというもの。

制作した作品は、今秋リニューアルした池袋西口公園で12月18日から開催される「池袋西口公園extremeイルミネーション2019」のシンボルツリーにて公開予定。「ちびっこデジタルクリエイター」の制作したデジタルキャラクターがイルミネーション会場のクリスマスツリーをAR装飾として彩ることになる。

子どもたちにとっては、街中に自分の作品が展示される経験はかけがえのないものになるはず。デジタルクリエイティブに長けた人材は、こういった機会を通して育成されるのかもしれない。

© 株式会社エクストリーム
© 株式会社エクストリーム

「池袋デジタル寺子屋2019」開催概要

【日時】2019年12月14日(土)13:00~15:00(受付12:45~)
【場所】株式会社エクストリーム(本社) 東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル21階
【参加対象】公募で募集する豊島区に在住/勤務するご家族の児童 (未就学~小学校中学年)10名(予定)
【参加費】無料

Top image: © 株式会社エクストリーム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事