「男性のフリは、やめました」。女性装で話題の東大教授が見つけた「自分」

東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身を粉にして働き、その挙句に過労死する人まで…。なぜそんなことが起こったのか。二十年以上研究してきたその答えは「自分自身でないものになろうとするから」でした。

「自分自身でないもののフリ」をし続ける社会で生きているうちに安冨さんが気づいたのは「自分は男性のフリをしている」という事実。その違和感から、「女性装」をはじめることになったそうです。

ひとくくりにはできない、性別多様性。安冨さんの著書『ありのままの私』を参考に、理解を深める機会にしましょう。

「トランスジェンダー」と
「トランスセクシュアル」
の違いって?

9e15d2e6ea4d1ae353d664117b329024ac6991c2

「トランスセクシュアル」というのは、医者による手術によって、性別を変更しようとしている、あるいは変更した人を指します。これに対して「トランスジェンダー」は自分の性別に違和感を覚えますが、別に手術を必要としないケースのこと。異性を好きになる人もいれば、同性を好きになる人もいますし、両方を好きになる人もいます。

また、ゲイの男性で女装している人とは違い「オネエ言葉」を使う人がいません。なぜなら、自分のことを女性だと思っているからです。

「性同一性障害」は
存在しない

C203e4c502285d30e315da6e9729236b255c6704

性同一性障害という言葉は〝gender identity disorder〟という英語を、元の言葉よりさらにひどい意味に訳したものですが、これは、人を支配あるいは破壊するために捏造された、危険な概念です。

〝gender〟は「性別の」、〝identity〟は翻訳不可能な言葉、〝disorder〟は〝order〟(秩序)の反対の意味なので「無秩序、混乱」。

大人は、生まれた子供を男集団・女集団に振り分けて、それぞれの集団にふさわしい振る舞いをするように圧力をかけます。これによって「帰属」という「アイデンティティ」が生まれ、この帰属意識の形成がスムーズに行われるなら「秩序」が成り立ち、男のくせに女の服を着たりすると「無秩序」になって社会が崩壊する、という考え方です。

私のような者に対して嫌悪感を示す人々は、このような事情を感じているのではないでしょうか。

「無秩序」への「差別」

20faefd0f64a656df2872d5973bd7eb4a64c5d17

男女差別主義者にとって、「性同一性障害」という概念は実に便利です。男女の帰属を乱す者は「かわいそう」な「障害」を持っている「異常者」だ、と思えばいいからです。

しかしこの場合、「性同一性障害」はまだ受け入れ可能なのです。なぜなら、身体的区分けと、社会的区分けとの不一致に悩んでいる人を「障害」と認識しているのであれば、手術して両者を一致させてあげればいいから。

「心と身体との性別の不一致」という状態を手術することで一致させ「性別再割り当て」といった、神様のような役割を医者に果たしてもらうのです。

私のように、男性だけれども女性の姿をしていないと落ち着かない人間は、自分をどういう言葉で呼べばいいのかというと、なかなか適当な言葉がありません。いろいろ考えた結果、私は「自分を分類する必要など、どこにもない」という結論に至りました。

私のように異性の姿をしている人だけでなく、誰だって、「男」でも「女」でもないのです。そういう分類そのものが暴力なのです。

めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることに...
「あなたはお酒に強いですか?」 これ、頻繁に耳にする質問ですが、よく考えると何を以って判断していいのか分からないですよね。でも、そんな曖昧なものを「数値」...
「トランスジェンダー」も、十人十色。「ただ世間では、しばしば『トランスジェンダー』というひと括りで語られてしまうのです」と訴えるのは、ライターのBasil...
Jaimie Wilsonさんは、アメリカ・フロリダ州に暮らすカントリーミュージシャン。端整な顔立ちと爽やかな笑顔が魅力的な彼ですが、つい数年前は「女性」...
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
トランスジェンダーの人たちは日々の日常でどんなことを考えているのだろう。自分が経験したことなかったり、身近に聞ける人がいないとなかなかわからないもの。自身...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
時々セレブが患っているとしてその名があがる、強迫性障害(OCD)。あなたはどれほど説明ができるだろうか?身近でこの疾患にかかっている人がいなければ、詳しい...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...