女性装で話題になった東大教授が語る「同性愛」について

東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づきました。

「自分は男性のフリをしている」という事実に正面から向き合うため、はじめたのは「女性装」。ただ、普通に服を着る。その服がただ女性の服だっただけのこと。

こうした違和感をカミングアウトする行為は、今でこそ理解されるようになりましたが、実は厳しく罰せられていた時代もありました。

安冨さんの著書『ありのままの私』には、そんな知られざる「同性愛」の歴史が書かれていました。

海外ではタブーとされていた
ホモセクシュアル

9ff4a632e3e6fb8696c328e3e7fec6a6d04a43ed

ホモセクシュアルは「異常」なことなのかというと、とんでもありません。そもそも人類にとってホモセクシュアルは普通のこと。特に日本は、この面での宗教的タブーがなかったので、ホモセクシュアル、特に男性同士のそれに対しては非常に寛容でした。

キリスト教圏やイスラム教圏では同性愛に対して厳しく、重い罰を下しています。外国の理不尽な刑罰はつい最近まで続いていたことで、その取り締まりが多くの悲劇を生みました。

偉大な数学者が
同性愛によって受けた制裁

私たちが使っているコンピュータの理論的基礎を築いたアラン・チューリングというイギリスの偉大な数学者、彼は同性愛者でした。イギリスでは同性愛は違法とされていたため、警察に逮捕されたのちに有罪となり入獄するか、強制的な女性ホルモンの投与を受けるかを迫られました。

彼が選んだのは後者。このことで彼は転職せざるを得なくなるなどの、多大な社会的損失を蒙り、身体的にも苦しみました。

1954年。41歳で亡くなりましたが、青酸カリによる自殺だとされています。

自然界では
同性愛も普通?

C1eaa6d60c86e98e9b124379dded96481afa86e8

「同性愛などということは、人間だけのやる異常な行為だ」と思っている方も多いかもしれません。しかしそれは違うのです。同性愛的行動は、ありとあらゆる動物に普遍的に見られ、何百種類の生き物について学術的な報告があります。

とはいえ、動物に「あなたはホモセクシュアルですか?」と聞いて本人の自己認識を確認できないので、「同性愛」そのものとは異なる「同性愛的行動」となります。

「問題」を
繰り返さないために

もちろん「動物界で普遍的だから、人間がやっても受け入れられるべきだ」という議論も間違っています。自然は人間の倫理の手本にはならないのです。ただ、人間の本性を人間が抑圧すると、ロクなことにはならない、ということは覚えておくべきだと私は考えています。

どこかを抑え込めば、どこかから噴き出す。噴き出したものを抑えこむと、「問題」は見えなくなりますが、そのエネルギーはどこかに溜まり、やがて別のところにより大きな「問題」として噴き出します。こんなことを繰り返していれば、収拾がつかなくなってしまいます。

すべての人間が、同性愛的側面を持っているはずです。

とすれば同性愛に対する抑圧は、人間社会の厄介ごとを増やす、反社会的な暴力だ、と私は思うのです。

同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
米造形作家による作品です。
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんも...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
海外の人気動画サイト「CUT」。彼らの人気シリーズ「もしも◯◯と××が一緒にマリファナを吸ったら…」。今回集まったのは、この3人。左:ジム(ユダヤ教の指導...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
愛しあう人とキスをすることが、許されない人たちがいます。そんな彼らがあえて、”禁じられたキス”で必死に訴えようとしたこと…それは、同性愛者をはじめとする、...
王子様と女の子が恋に落ちてハッピーエンドを迎えるのがおとぎ話の王道。だけど自らもLGBTであるAdam ReynoldsとChaz Harrisのつくった...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
「あなたはお酒に強いですか?」 これ、頻繁に耳にする質問ですが、よく考えると何を以って判断していいのか分からないですよね。でも、そんな曖昧なものを「数値」...