校則、そろそろ考え直しません?
「#この髪どうしてダメですか」

キャンペーン「#この髪どうしてダメですか」。

個性をつぶしてしまう可能性のある髪型についての日本の校則に対して、一人ひとりが本音を打ち明けながら、社会全体でその意義を考え直すのがその目的。

ハッシュタグを使いながら、いろんな人がTwitterをはじめとしたSNSで自分の意見を投稿しています。これにあわせ、パンテーンが地毛証明書を提出したことのある生徒と先生が議論するショートビデオを公開。話し合うことが大切って意味でしょう。

テーマは異なりますが、“就活マナー”について意見を交わし合う「#就活をもっと自由に」を皮切りに、「#KuToo」や「#スニ活」といった動きも生まれています。習慣に流され個性やそれぞれの声を押しつぶす必要はないんじゃないか?と訴えているんです。

もちろん、「#この髪どうしてダメですか」も本質は同じ。日本でも自分らしさを大切にする動きが大きくなってきましたね。

Top image: © パンテーン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...