校則、そろそろ考え直しません?
「#この髪どうしてダメですか」

キャンペーン「#この髪どうしてダメですか」。

個性をつぶしてしまう可能性のある髪型についての日本の校則に対して、一人ひとりが本音を打ち明けながら、社会全体でその意義を考え直すのがその目的。

ハッシュタグを使いながら、いろんな人がTwitterをはじめとしたSNSで自分の意見を投稿しています。これにあわせ、パンテーンが地毛証明書を提出したことのある生徒と先生が議論するショートビデオを公開。話し合うことが大切って意味でしょう。

テーマは異なりますが、“就活マナー”について意見を交わし合う「#就活をもっと自由に」を皮切りに、「#KuToo」や「#スニ活」といった動きも生まれています。習慣に流され個性やそれぞれの声を押しつぶす必要はないんじゃないか?と訴えているんです。

もちろん、「#この髪どうしてダメですか」も本質は同じ。日本でも自分らしさを大切にする動きが大きくなってきましたね。

Top image: © パンテーン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
「髪を切る夢」の意味とは?夢占いの専門家が、人物、髪型、髪を切ったときの心境別に解説します。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...