サービス加入者が「50倍」に増えたポルノサイト。その秀逸なキャンペーンが世界中で話題沸騰!

オンラインに溢れる無料のアダルトコンテンツ。そんな中で、有料のものを販売するのは至難の業…ポルノメーカー代表のMarc Dorcel氏はそんな悩みを抱えていました。

彼の会社が提供する「月額9.99ユーロの高画質アダルトビデオストリーミングサービス」にお金を払う人は年々少なくなっていました。

hands-off-1どうすれば加入者を増やすことができるのだろうか?と考えた結果、彼は広告代理店であるMercelと手を組み、あるキャンペーンを打つことに。その名も「#HandsOff」。その内容が秀逸であると話題になっています。

※以下のStepはあくまでキャンペーン内容を紹介するためのものです。実際に行う際は、自己責任でお願いします。

Step1.まずは同社の特設WEBサイトにいきます。

hands-off-3Step2.視聴したいアダルトビデオを選びます。ある条件をクリアすれば、同社の高画質アダルトビデオが無料で見ることができます。hands-off-4Step3.その視聴条件とは、キーボードの「Q」「S」「P」「L」という4つのキーを押し続けるいうもの。そうしなければ、ビデオは再生されません。hands-off-5そう、この4つのキーは両手を使わなければ押し続けることができないのです。つまり、"あの行為"ができないというわけです(笑)。hands-off-6手を離してしまうと、画面は真っ暗になります。両手を離して視聴を続けるためには、有料サービスに加入しないといけません。

hands-off-7このキャンペーンは、TwitterやVine、Facebookなどで大きな話題となりました。hands-off-8どのようにすればお金を支払わず視聴できるか、という裏ワザを考案し、公開していく人たちも続出。例えば、指を使わず足で押すとか。(これはiPadバージョン)hands-off-9キーボードを押すための機械を、わざわざ作っちゃうとか。hands-off-11結果、DORCEL.COMへの訪問者はなんと27倍、そして有料サービスへの加入者は50倍に伸びたそうです。hands-off-12さらにそれだけでは終わりません。なんと「#HandsOff」は、世界的な広告賞である「カンヌライオンズ」の ダイレクト部門で、ゴールドを受賞したとか。

アイデア一つで大きな成果をあげた、男心を的確にくすぐる(弄ぶ!?)同社のキャンペーンには脱帽です。詳しい動画は、こちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Dorcel

カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デ...
8月27日、言わずと知れた世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」が「世界一汚いポルノ動画」を公開した。
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
 きっとほとんどの人は考えたことがないテーマだと思います。でも、言われてみれば気になってきませんか? これ、アートとしてのポルノのあり方を提唱するベルリン...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
先日、弾道ミサイル警報が出されたハワイ。幸い、誤報ではあったけど、ハワイに暮らしている人は、興味深いアクションを起こしました。それは、アダルトサイト「Po...
つい先日、スターバックスが店内の無料Wi-Fiを使ってのアダルト動画検索および視聴をブロックしたと発表。この動きに対し、アダルト業界も黙ってはいません!
マインドフルネス支援アプリ「Relook(リルック)」が今月から、より手軽に継続してもらうことを目的に、1日10秒でできるマインドフルネスを紹介した7日間...
今年開催される第8回FIFA女子ワールドカップに向けて公開された、ドイツ女子代表のキャンペーン動画がおもしろいと話題になっています。素直に「私達を覚えて!...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
「もし空港で僕を見つけたら、ファーストクラスの席と代わってあげるよ」。空港で出会った人の航空券を無償でビジネスクラスにアップグレードするプロジェクト「Ca...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
建築家トム・メインの率いる建築事務所「モーフォシス」が、ロサンゼルスに建設予定である大型施設のデザインを公開した。
アメリカ東海岸で生まれた「Timberland(ティンバーランド)」が、2020年春夏コレクションの一部として、サステイナブルなワークウェアを発表した。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
アメリカの「OREO(オレオ)」の新キャンペーン「 WHAT’S YOUR STUF」が話題。オレオのココアクッキーに挟まったバニラクリームの好みの量を投...