サービス加入者が「50倍」に増えたポルノサイト。その秀逸なキャンペーンが世界中で話題沸騰!

オンラインに溢れる無料のアダルトコンテンツ。そんな中で、有料のものを販売するのは至難の業…ポルノメーカー代表のMarc Dorcel氏はそんな悩みを抱えていました。

彼の会社が提供する「月額9.99ユーロの高画質アダルトビデオストリーミングサービス」にお金を払う人は年々少なくなっていました。

hands-off-1どうすれば加入者を増やすことができるのだろうか?と考えた結果、彼は広告代理店であるMercelと手を組み、あるキャンペーンを打つことに。その名も「#HandsOff」。その内容が秀逸であると話題になっています。

※以下のStepはあくまでキャンペーン内容を紹介するためのものです。実際に行う際は、自己責任でお願いします。

Step1.まずは同社の特設ウェブサイトにいきます。

hands-off-3Step2.視聴したいアダルトビデオを選びます。ある条件をクリアすれば、同社の高画質アダルトビデオが無料で見ることができます。hands-off-4Step3.その視聴条件とは、キーボードの「Q」「S」「P」「L」という4つのキーを押し続けるいうもの。そうしなければ、ビデオは再生されません。hands-off-5そう、この4つのキーは両手を使わなければ押し続けることができないのです。つまり、"あの行為"ができないというわけです(笑)。hands-off-6手を離してしまうと、画面は真っ暗になります。両手を離して視聴を続けるためには、有料サービスに加入しないといけません。

hands-off-7このキャンペーンは、TwitterやVine、Facebookなどで大きな話題となりました。hands-off-8どのようにすればお金を支払わず視聴できるか、という裏ワザを考案し、公開していく人たちも続出。例えば、指を使わず足で押すとか。(これはiPadバージョン)hands-off-9キーボードを押すための機械を、わざわざ作っちゃうとか。hands-off-11結果、DORCEL.COMへの訪問者はなんと27倍、そして有料サービスへの加入者は50倍に伸びたそうです。hands-off-12さらにそれだけでは終わりません。なんと「#HandsOff」は、世界的な広告賞である「カンヌライオンズ」の ダイレクト部門で、ゴールドを受賞したとか。

アイデア一つで大きな成果をあげた、男心を的確にくすぐる(弄ぶ!?)同社のキャンペーンには脱帽です。詳しい動画は、こちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Dorcel

カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デ...
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
 きっとほとんどの人は考えたことがないテーマだと思います。でも、言われてみれば気になってきませんか? これ、アートとしてのポルノのあり方を提唱するベルリン...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
先日、弾道ミサイル警報が出されたハワイ。幸い、誤報ではあったけど、ハワイに暮らしている人は、興味深いアクションを起こしました。それは、アダルトサイト「Po...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
現地時間9月27日に、『PLAYBOY』の創刊者として有名のヒュー・ヘフナー氏が死去。彼の自慢の豪邸、プレイボーイ・マンションにて静かに永眠になった。月刊...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
この100年間、世界人口は増加を続けてきた。あと数10年で100億人突破は確実とみられている。それは、我々に多くの課題をつきつけることになるだろう。
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
FacebookやTwitterで表示されたリンクをクリックして、ここにたどり着いた人は多いかもしれません。いまや私たちの生活に欠かすことのできなくなった...
6月17〜24日に開催されたCannes Lions(カンヌライオン国際クリエイティビティフェスティバル)。時代の流れと共に、数年前から、デジタル色を帯び...
今や日本語にも対応しているKickstarterが、規模の小さいキャンペーンだけを集めた特設サイト「Quickstarter」をローンチしました。
もしも、自分の親が書いた官能小説を発見したら、あなたはどうしますか? イギリスの映像作家Jamie Mortonさんは、こんな大胆な行動に……。
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...