愛する人の遺骨でつくる「メモリアル・ダイヤモンド」を知っていますか?

「ARGORDANZA」は、スイスに本拠地を置くダイヤモンド製作企業だ。亡くなった人物の遺骨から抽出した成分を元に記念品をつくっている。完成品の写真を見てみよう。

遺骨でつくった宝石
「メモリアル・ダイヤモンド」

同社によれば、天然のダイヤモンドは炭素が自然に高温高圧にさらされることによって生まれる。これは、まったく同じ工程を再現して人工で作られているものだが、硬度や輝度は天然物と変わらない。

必要な遺灰・遺骨は、最低300gほど(全体の20~25%)。遺骨によって微妙に色が変化するそうだ。完成品には遺骨成分しか使用していないことを示した保証書が添付される。価格は、0.2カラット、直径4mm程度で、48万円(税別)から。1カラットまで多くのサイズが選べる。

ダイヤモンドはスイスで「永遠の愛」を象徴する。亡くなった愛する家族をより身近に感じられる選択肢として、なぜ「メモリアル・ダイヤモンド」が注目されているのかーー。その理由は想像に難くない。日本語ホームページはコチラから。

Licensed material used with permission by 有限会社 アルゴダンザ・ジャパン
スイス企業の驚くべきサービスが今話題になっている。その内容は遺骨をダイヤモンドに配合し、記念品にすると言うものだ!遺骨に含まれる炭素を取り出し、人工的に高...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
Instagramで自身の作品をアップするようになってから、無名だったデザイナーJuliette Malletさんは、国境を越えて注目を浴びるようになりました。
世界最高額のアイスクリームその名も「ブラック・ダイヤモンド」ドバイにあるカフェ「Scoopi Cafe 」が、世界一高級なアイスクリーム「ブラック・ダイヤ...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
まわりにいる人生の先輩たちに、聞いてみることにしました。
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
あなたが生まれた月を意味する誕生石はどれでしょう?「Little Things」 のRebecca Endicott氏は、それぞれの石が現す性格を紹介して...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
真鍮のワイヤーを曲げて、キャップを付けただけ。だけど、カギをつけるアクセサリーに劇的な機能やブランドの記号を求めてない自分にとっては、完璧です。
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
離れて暮らす大切な人の存在を、いつも身近に感じていたい。FaceTimeのようにネットにつなげば、お互いの顔を見ながらいつでも連絡が取りあえる時代。ですが...
みんなには、ぜったい内緒だよ?
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...