愛する人の遺骨でつくる「メモリアル・ダイヤモンド」を知っていますか?

「ARGORDANZA」は、スイスに本拠地を置くダイヤモンド製作企業だ。亡くなった人物の遺骨から抽出した成分を元に記念品をつくっている。完成品の写真を見てみよう。

遺骨でつくった宝石
「メモリアル・ダイヤモンド」

同社によれば、天然のダイヤモンドは炭素が自然に高温高圧にさらされることによって生まれる。これは、まったく同じ工程を再現して人工で作られているものだが、硬度や輝度は天然物と変わらない。

必要な遺灰・遺骨は、最低300gほど(全体の20~25%)。遺骨によって微妙に色が変化するそうだ。完成品には遺骨成分しか使用していないことを示した保証書が添付される。価格は、0.2カラット、直径4mm程度で、48万円(税別)から。1カラットまで多くのサイズが選べる。

ダイヤモンドはスイスで「永遠の愛」を象徴する。亡くなった愛する家族をより身近に感じられる選択肢として、なぜ「メモリアル・ダイヤモンド」が注目されているのかーー。その理由は想像に難くない。日本語WEBサイトはコチラから。

Licensed material used with permission by 有限会社 アルゴダンザ・ジャパン
スイス企業の驚くべきサービスが今話題になっている。その内容は遺骨をダイヤモンドに配合し、記念品にすると言うものだ!遺骨に含まれる炭素を取り出し、人工的に高...
ペプシコーラを販売する「ペプシコ」がバレンタインデーにちなみ“特別なエンゲージメントリング”をプレゼントするキャンペーンを開催中。台座には「クリスタル・ペ...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
片想いをしているあなたに読んで欲しい、「片想いあるある」「恋愛心理学でみる男心」「遠距離片想いの成功法」「彼女がいた彼への想いの終わらせ方」「覚めない恋心...
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
キラキラと輝きを放つゴールドのハイヒール「The Passion Diamond Shoes」。236個ものダイヤモンドをあしらっていて、なんと一足170...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
Instagramで自身の作品をアップするようになってから、無名だったデザイナーJuliette Malletさんは、国境を越えて注目を浴びるようになりました。
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
世界最高額のアイスクリームその名も「ブラック・ダイヤモンド」ドバイにあるカフェ「Scoopi Cafe 」が、世界一高級なアイスクリーム「ブラック・ダイヤ...
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。