採掘はもうしない!「Pandora」が天然ダイヤモンドの不使用を宣言

地中で数億年という歳月をかけて生成される、ダイヤモンド

そんな自然の神秘・ダイヤを使用したアクセサリーが世界中で人気のブランド「Pandora(パンドラ)」が、5月4日、驚きの発表をおこなった。

「自社では、今後一切、自然から採取されたダイヤモンドを製品に使用しません」

......はたして、その意味とは?

©2021 Pandora Inc. All rights reserved

チャームやブレスレットなどが幅広い世代に大人気の「Pandora」が、人工ダイヤモンドのみで作られる新しいコレクション「Pandora Brilliance」のローンチ発表と同時に語った衝撃の内容

じつは、天然ダイヤモンドの採掘は、過酷な労働環境児童労働環境破壊など、さまざなな問題をはらんでいるとされており、同ブランドは人権環境問題持続可能性などをを考慮し、このたびの決断に至ったという。

なお、研究施設で開発された人工ダイヤモンドは、品質を表現する「4C基準(カラット/重さ、カット/輝き、カラー/色、クラリティ/透明度)」のすべてにおいて、天然のダイヤと同等の品質を保ってるとのこと。

世の中がサステイナビリティの実現を目指すなか、今回の「Pandora」の宣言は業界に大きな変革をもたらしそうだ。

なお、「Pandora Brilliance」はイギリスから販売をスタートさせ、2022年までに世界の市場へと拡大していく予定とのこと。

天然ダイヤモンドと変わりのない、キラキラと輝く人工ダイヤモンドに興味があるならコチラをチェック。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事