「ユニリーバ」が広告に「ノーマル」という表現を使用しないと宣言!

3月9日、「ユニリーバ」「ノーマル(普通、標準)」という言葉を広告やパッケージで使用しないことを宣言した。

© Unilever/YouTube

女性が男性よりも“弱い”こと。男性が “男らしく” あること──。

人が知覚し、経験する「ノーマル」は、本当にそうなのだろうか?

さらに、人のための動物実験やプラスチックによる環境汚染、森林破壊など犠牲を伴うことは「ノーマル」なのだろうか?

そういった問いかけに、ユニリーバははっきりと「NO」と答えている。

その「ノーマル」の代わりに「ポジティブビューティー」というビジョンを掲げ、多様な価値を受け入れ、公平で、サステイナブルな美しさを推進していくそうだ。

具体的には、パッケージなどで扱う人の体型、サイズ、プロポーション、肌の色などのデジタル修正をすべて止め、製品に使用する資源の量を上回る150万ヘクタールの土壌森林海洋の保護と再生を2030年までに支援していくとのこと。

ユニリーバの製品は、毎日10億人以上に使用しているといわれているが、ユーザーに「ポジティブビューティー」の想いは伝わるのか。そして、世界はどう変わっていくのだろうか。

今後の人々や地球の変化に注目だ。

Reference: Unilever 2021
Top image: © 2021 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事