「J.フロント リテイリング」ダイバーシティ経営に向けて就業諸規則の一部を改定

「大丸松坂屋百貨店」「PARCO」を展開する「J.フロント リテイリング」は、「同性パートナーシップ規則」の制定と「性別移行支援休暇」を新設したことを3月22日に発表した。

内容は以下の通り。

1.同性パートナーシップ規則の制定

同性パートナーについて、会社指定の諸手続きを行うことにより、会社が婚姻に相当する関係(同性パートナーシップ)として認定し、現行規則において「婚姻」や「配偶者」に適用される就業規則・その他諸規則等について適用の対象とします。

 

2.性別移行支援休暇の新設

性同一性障害の従業員が、ホルモン治療や性別適合手術または術前術後の診察のため休務する場合に必要な日数について、直近 2 年間に失効した年次有給休暇を取得できるようにします。

※一部の事業会社では、適用制度が異なります。

さらに今後もダイバーシティ経営を推進に向け、LGBTに関する取り組みも積極的に進めていく考えだそう。

同グループの今後の展開と、それがもたらす他社への影響にも注目が集まりそうだ。

Top image: © iStock.com/Angelina Bambina
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事