「赤の他人」とうわべだけの愛を育んでみたら。

赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせる映画『バッファロー'66』のストーリーに影響を受けて、彼女は異様な関係を撮影するようになった。

出会った場所で交渉した後に、偽りの関係を築くHemyaと他人だった人々。彼らに“愛の歴史”がないとわかっていても、親密な間柄に見えてくる。

世話を焼きたくなる彼氏

865f4fde10f08630eed3d049fc4e9e75b244cc9aB57a0a2f2e858fdfbbf64cf765530772585f2b753696dbf891ddc31dc288626867a0a36bc1e6cb69

いつも優しい母

Ca365594fe0122a2bb1ff1eeaa1842a3731abc52A6e104d08bb9a9bb693b39b71db5f8bccfd331d8F1d1d409f39963dec7703ef71b425ccba49aac3fAe29140f82316fdfc437deb5d358f1c2c3f57b9f

かわいい妹たち

Fb44466bb69c98683bbd0a6d0593ef242437df2aE56a991d40a3d2a58192e911633a6ed37cd532072e8f7dcba69051e94389f0c2df26bd4aeeca5d25814f161b15deadb1adfaa982f8725f18f89e8fe1

結婚を考えている恋人

D227567451c6553bad43a4261d4e55939bf435eeDd5102fe2a87e41baa3790d37f9b854aea8a0f82

愛しい夫と息子

2fc5255a4229a0051a9402fab4edaeac9cda3bfeBe0fd28eda6e574864f068fc0ffd9868e8351034

いつも一緒に夜遊びする友達

C5f04ca86b64253850ca5ad706afc946ce7b2c772d0f90ba061d9df2b51704696f2ae4a1147de5351d48483d970fc19b22c63fec93a742797b7f9031

どの写真も愛に満ちている。けれど、街を歩いている時や映画館で出会った人、カフェのウェイトレスなど、すべてが出会って間もない初対面だという。

プライベートを想像させるせいか、偽りの愛を続けていれば本物の愛が生まれる予感がしてしまう。そう思うのは私だけ?

Licensed material used with permission by hemyam
アーティストのJACK ADAMの「Doll House」シリーズは、よそ家の人々のプライベートを覗きみるように写し出されている。窓の向こう側にあるのは、...
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
「他人と比べないこと」ができれば、いまよりも幸せを実感できる毎日が待っているはず。いつも比較してばかりでは、気持ちが沈んでしまいませんか?他人と比べないこ...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
自分と似ている人が好き、っていうのもわかるんだけど。
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全て、セリフのないシーンだけなのだけど、じ...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
プライベートで書かれたあらゆる人間の手帳やノート、日記を収集する「手帳類収集家」。コレクションにはそれぞれの人生の痕が生々しく刻まれている。それぞれの想い...
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
「私は、世間の期待に応えるために生きているんじゃない。あなただって、私のために生きているわけではないはずだ」ーブルース・リーこの名言から始まるのは、Mar...
どうせ「嫉妬する」と分かっているけれど、どうしても他人が気になって比べてしまう人も多いはず。たとえば、いい車や広い家、高い給料など…。そこで「becomi...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。