「赤の他人」とうわべだけの愛を育んでみたら。

赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせる映画『バッファロー'66』のストーリーに影響を受けて、彼女は異様な関係を撮影するようになった。

出会った場所で交渉した後に、偽りの関係を築くHemyaと他人だった人々。彼らに“愛の歴史”がないとわかっていても、親密な間柄に見えてくる。

世話を焼きたくなる彼氏

いつも優しい母

かわいい妹たち

結婚を考えている恋人

愛しい夫と息子

いつも一緒に夜遊びする友達

どの写真も愛に満ちている。けれど、街を歩いている時や映画館で出会った人、カフェのウェイトレスなど、すべてが出会って間もない初対面だという。

プライベートを想像させるせいか、偽りの愛を続けていれば本物の愛が生まれる予感がしてしまう。そう思うのは私だけ?

Licensed material used with permission by hemyam
アーティストのJACK ADAMの「Doll House」シリーズは、よそ家の人々のプライベートを覗きみるように写し出されている。窓の向こう側にあるのは、...
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
「他人と比べないこと」ができれば、いまよりも幸せを実感できる毎日が待っているはず。いつも比較してばかりでは、気持ちが沈んでしまいませんか?他人と比べないこ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。