働くことは、生きること。「境界線」をなくした暮らし。

5年前、小豆島に移住してきた三村さん一家の毎日はいそがしい。

月:野菜の収穫、出荷日
火:みんなで畑作業、島の友人とみんなで働く日
水:畑・事務仕事、マイペースに働く日
木:野菜の収穫、出荷日
金:カフェ営業日
土:カフェ営業日
日:お休み(と言っても諸々の準備)

たまには、自由に遊ぶ時間が欲しいな〜なんて思ってしまう時もある。と、笑いながら受話器越しに届いた言葉。ぶっちゃけ話に「そうですよねぇ…」と納得していると、ひかりさんの言葉はこう続いた。

「でもね、自由にいそがしいっていう毎日が、すごく幸せなの」

拓洋さん・いろはちゃん・ひかりさん

住処を“ひらく”

島のちょうど真ん中あたりにある、肥土山(ひとやま)という里山。そこの小さな集落で暮らしている三村さんは、住んでいる家の一部を金曜日と土曜日は解放して、カフェを営業している。

HOMEMAKERS』。食べ物、洋服、家具など、身の回りのモノを色々つくるという意味を込めて、名付けられたお店。

本業は農家で、毎日の畑仕事だけでも大変なのに、週に2回はカフェのオーナーとして、畑で採れた野菜を新鮮なままお客様にふるまっている。

暮らしをひらいて、お客様を招き入れる。近所のママ友だったり、都会から来た旅人だったり、地方創生の勉強をしに来た人だったり。

自分たちが毎日暮らしている「生」の居場所で、誰かの心が育まれたり、新しい気づきが芽生えたりする。ふるまって・吸収して、呼吸みたいな循環が家のなかにあると、生命力はどんどん強くなるのだ。

「時間の主導権」は、
いつでも自分が持っている

旦那さんは建築関係、ひかりさんはIT企業勤めと、家族そろって夜ご飯を食べられる日がほとんどないような生き方を変えたくて、島に移住することを決めた3人。

肥土山でも相変わらずいそがしく過ごしてはいるけれど、<家>を拠点に動いている今の生活は、当時とは180度違うもの。毎月決まったお給料が入ってくるわけじゃないし、天気は脅威になる。まだ不安定ではあるけれど、「自分たちでコントロールしている暮らし」は、どうしても治らなかった心のカサブタみたいなものを、きれいに取り払ってくれたのだろう。

“ひらく”をキーワードに、ここで命を根付かせている。

働くことは、生きること

夏だっ!パワフルな太陽が野菜たちをぐんぐん育ててくれる。

今日は友人のイズライフ・堤さんとこでオリーブ収穫お手伝い。

いろんな人が来てくれて畑作業。
水曜日はみんなで畑をする日です。癒しのお茶休憩。窓の外は春の陽射し。

今週はカレーのかわりに野菜たっぷりのタコライス!デザートは、旬のスモモジュレパンナコッタ。

年間80種類くらいの野菜を育てているので、旬の野菜は次から次へと変わっていきます。1年は約50週だから、週に1、2種類新しい野菜が登場する。そう考えるとワクワクします。来週のまかないの主役はどの野菜かな。

里山に、ひっそりと佇んでいるHOMEMAKERS。今日もひらかれた暮らしのなかで、新しいものがこの場所でつくられている。

HOMEMAKERS」 
住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1
TEL:0879-62-2727
営業時間:11:00〜17:00
(ラストオーダー 16:00)
営業日:金・土

Licensed material used with permission by HOMEMAKERS, (Instagram)
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
香川県の小豆島にある「マルカツ製麺所」。Instagramでほぼ毎日のようにそうめんの製法をUPしているが、そのフォロワーは4600人超。そうめんの美しさ...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
カリブ海に浮かぶロアタン島(ホンジュラス)で生活する、フリーライターAmanda Walkins氏は、ワシントンD.C.からの移住組。南の島での実体験を綴...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...