「Aman」創業者が瀬戸内の島に新たな「旅館」を来春オープン

世界有数のラグジュアリーホテル「Aman(アマン)」の創業者であるエイドリアン・ゼッカ氏とホテリエの集まる「株式会社ナル・デベロップメンツ」が、2021年春、新旅館ブランド「Azumi(アズミ)」の1号店を瀬戸内にオープンする。

約60年前、日本独自の宿泊形態である「旅館」に初めて出会い感銘を受けたというザッカ氏。その記憶をもとに、地域や人とのコミュニティーを大切にした宿を目指していくという。

また同氏は「Azumiは、旅館のもつ家庭的なおもてなしの概念を拡張するようなイメージで進めており、同時にアマンで表現してきた贅沢さとは一線を画す『豊かさの再解釈』を、旅館を通じて表現したいと思っています」と立ち上げに至った想いをコメント。

ラグジュアリーホテルとして人気のアマンの仕掛け人が、日本の気候風土カルチャーを取り入れた新たな豊かさを追求した旅館。これは楽しみでしかない!

Azumi 室内
©株式会社Azumi Japan
©株式会社Azumi Japan
Azumi 客室
©株式会社Azumi Japan
©株式会社Azumi Japan
Azumi 外観
©株式会社Azumi Japan
Top image: © 株式会社Azumi Japan
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事