江戸時代創業「富士屋旅館」が復活

万葉集に登場し、東郷平八郎、夏目漱石といった、政治家や文豪にも愛された静かな温泉保養地、湯河原を取材しました。向かったのは富士屋旅館です。

江戸時代創業とされる富士屋旅館が2002年に廃業した後、17年ぶりに営業を再開したのは今年の2月のこと。過去に洪水や火事で失われた建物もあり、残っていた建物もボロボロでしたが、官民一体で取り組んだ再生プロジェクトによって復活。

老舗旅館の風情と新しい設備の快適さ、こだわりの食など、再生された富士屋旅館でしか味わえない魅力がありました。

©TABI LABO 2019
©TABI LABO 2019
©富士屋旅館

藤木川にかかる赤い橋をわたって正面にあるのは、昭和43年に建てられた新館です。

敷地内にある3棟のなかでは最も新しいものの、激しく痛んでいたため今ではモダンに生まれ変わりました。障子や木製のインテリアから高級感のある和を感じます。

かつてはここに幕末期に建てられた本館がありました。天災によって消失し、貴重な文献もほとんど失われてしまったそうですが、富士屋旅館の随所から、万葉集で歌われた時代から変わらないであろう、湯河原の魅力を感じます。

©TABI LABO 2019
©TABI LABO 2019
©TABI LABO 2019

富士屋旅館で最も古い建物は旧館(大正12年築)です。その次が、昭和26年築の洛味荘。旧館と洛味荘は繋がっています。

正面から見える瓦屋根は、神社仏閣に用いられた様式が使われており、再生プロジェクトですべてを分解・再構築した瓦屋根職人を困らせたほど複雑なつくりです。

大正時代に建てられた和建築の雰囲気を保存するために、窓ガラス、廊下板、天井板といった備品は、できるだけ薬品で洗って再利用し、当時の様子を復元しています。

©TABI LABO 2019
©TABI LABO 2019
©TABI LABO 2019

窓ガラスの歪みも味。廊下板は配管のために切断しなければならない部分もありましたが、丁寧に張り直されています。

屋内の内装は、宿泊する部屋と同様に、新旧の境界線がどこにあるのか見た目にはほとんどわかりません。

なかには、文献がなく、どこで作られたのかわからない珍しい照明も吊り下げられていました。そういった細部に注目するのも富士屋旅館の楽しみ方です。

年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
浅草に「茶室空間」をモチーフに建てられた旅館「茶室ryokan asakusa」がオープン。玄関から客室まで、日本文化を感じられるさまざまな要素が詰まって...
つい先日、某有名観光地の旅館で仲居さんを6年やっていたという20代後半の女の子と話す機会があった。その子は、今でもお客さんからもらったお礼の手紙や、感謝の...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
クリスマスに温泉ってムードない!そう思う人のほうが多いからこそ、あまり候補にあがらないのだ。でも逆に言えば、年末年始にかけて室料がぐんと上がり、家族連れで...
江戸日本橋を起点とし、四十三番目の宿場町となる「馬籠宿」。そこには石畳の街道の両脇に江戸の面影を残す集落が広がっています。さらに見る、食べる、泊まる、そし...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かってい...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...