もうイライラしない!旅館でゆったり「確定申告」できるプランが登場

クラウド会計ソフトなどを展開する「freee」は、湯河原にある温泉旅館「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」とコラボして旅行プラン「確定申告パック」の提供を開始した。

フリーランサー個人事業主などにとって「確定申告」重要ながらも非常に面倒なもの。そんな、ついつい後回しにしてしまいがちな作業を、温泉旅館に一泊しつつ、身も心もリラックスして進めてもらおうというのが、このプランの狙い。期間は3月15日まで。

常駐する税理士freee社員に質問や不明点、使い方のコツなどを尋ねることができるプランも用意。作業終了後、参加者全員に振る舞われる「お疲れ様ビール」が喉に染み入ること請け合いだ。

かつてに比べ、働き方にもさまざまなスタイルが存在する今、確定申告にこんなスタイルがあってもいいのでは?

©freee
Top image: © iStock.com/gyro
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
老舗旅館の風情と新しい設備の快適さ、こだわりの食など、再生された富士屋旅館でしか味わえない魅力がありました。
9月28日、東京・世田谷代田駅前に温泉旅館「由縁別邸 代田」が開業。
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
危機的状況にある温泉旅館を救うべくボランティアが運営する「種プロジェクト」は、自分の好きな旅館のサポーターになり、応援メッセージを送るとともに、将来の宿泊...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
「新型コロナウイルスが収束したら思いっきり旅行を楽しみたい!」。そんな方にオススメしたい「ひとときパス」は、宿泊券を先払いで購入し、その後に自由に宿泊日を...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
東京近郊の観光地といえば、熱海・箱根。この記事では、Go To トラベルを使っていける、ホテルをご紹介。ただ寝るだけで終わらない、「特別な体験」ができるホ...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「ホテルニューオータニ」は、睡眠とメンズコスメに着目した豪華で特別な宿泊プランを2020年2月29日までの期間限定で販売している。
「カラダと地球にいい循環を生み出す」をヴィジョンに掲げた新しい食品ブランド「GOOD ROLLING(グッドローリング)」が手掛けるプラントベースフード「...
定額で世界中に住めるサービス「HafH(ハフ)」は、12月から17の国と地域・国内外124都市・171拠点が「旅して働ける」場所として利用可能に。温泉付き...
ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
クリスマスに温泉ってムードない!そう思う人のほうが多いからこそ、あまり候補にあがらないのだ。でも逆に言えば、年末年始にかけて室料がぐんと上がり、家族連れで...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
つい先日、某有名観光地の旅館で仲居さんを6年やっていたという20代後半の女の子と話す機会があった。その子は、今でもお客さんからもらったお礼の手紙や、感謝の...
温泉の夢の意味とは?温泉にまつわる夢を、温泉の種類別、登場人物、シチュエーションに分けて専門家が解説します。
ラグジュアリーホテル「アマン」の創業者であるエイドリアン・ゼッカ氏とホテリエの集まる「株式会社ナル・デベロップメンツ」が、新旅館ブランド「Azumi(アズ...
浅草に「茶室空間」をモチーフに建てられた旅館「茶室ryokan asakusa」がオープン。玄関から客室まで、日本文化を感じられるさまざまな要素が詰まって...
アメリカ国務省は、ビザ申請を行う際に「ソーシャルメディアアカウント」の申告を義務化。アメリカに入国するほぼ全ての人が対象です。