監督が変わっても「キャプテン」に選ばれ続ける男・長谷部誠

運命のシリア戦は
今夜キックオフ!

hasebe-makoto-captain_44160130

本日2015年10月8日22時キックオフのサッカーW杯アジア2次予選。日本はアウェイの地でE組首位に立つシリアと対戦。個々の力で日本が上回っているのは間違いないが、“能力の差”がシンプルにピッチに反映されないのがアジアの戦い。この試合も、35度近い気温や劣悪なピッチコンディションといった過酷な条件下で行われるため、油断すると足元をすくわれる可能性も充分にある。

こうした状況で重要になるのが、何が起きてもチームを落ち着かせられる、ベテラン選手の存在。とりわけ、チーム最年長の長谷部誠には大きな期待がかかる。

4人の代表監督が
長谷部をキャプテンに指名

改めて伝えておくと、彼は歴代日本代表の中で、主将としてもっとも多くの試合に出場しているプレーヤー。今夜の試合においても、キャプテンとしてスタメンに名を連ねるのは確実だろう。

そもそも、彼が初めて日本代表のキャプテンマークを巻いたのは、2010年5月30日のイングランド戦。当時の指揮官・岡田武史が直近の連敗を受け、重たい流れを変えるべく大抜擢した恰好だ。

W杯南アフリカ大会の開幕直前。しかも、チームには、それまでキャプテンを務めていた中澤佑二、川口能活といったベテラン選手がいる。そうした状況の中で長谷部を新たな主将に指名した岡田氏の勇気ある選択は、まさに英断。“発掘”されたキャプテンシーは、ますます磨かれていき、結果的にアルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、そしてヴァイッド・ハリルホジッチと計4人の代表監督に重用されることになる。

一度はキャプテンマークを
譲ろうとしたが・・・

とはいえ、当の本人は、2014年のW杯ブラジル大会終了後、「これからは若い選手がキャプテンをやるべきだと思う」と下の世代にキャプテンマークを譲る意志を表明していた。

これを受け、「自分が今までサッカーをやってきた中でハセさんは一番のキャプテン。プレーだけじゃなく、周りに目を配れる。気持ちの面も本当に素晴らしいです」とコメントしたのは、代表だけでなくクラブでもチームメイトだった清武弘嗣。

結局、アギーレからキャプテンに指名されると、「個人的にいろいろ思うところはありますが、指名されることは光栄なこと。与えられた役割をしっかり全うしたい」と覚悟を決めたのだった。

“選ばれ続けること"の難しさ

サッカーの世界では、新たに就任した監督が「自分のカラー」を出したがることも少なくない。まだ選手のパーソナリティを充分に理解していない就任直後こそ、前監督のチョイスを踏襲するものの、次第に“好み”が色濃くなっていく。ましてや、自身のメッセージの代弁者となるキャプテンは尚更。それでも、どれだけ指揮官が変わろうと、長谷部は変わることなく選ばれ続けている。

「今まで多くのチームを率いてきたが、本物の主将はマルディーニ(元イタリア代表の世界的名選手)と長谷部だけ」

「経験を声で伝え、チームを落ち着かせることができる。長谷部は生まれながらのリーダーだ」

ザッケローニはそう寵愛し、アギーレは天性の才能に賛辞を述べた。

ハリルホジッチは就任してまだ半年。もしかすると、まだ見極め段階の可能性も否定できない。しかし、今夜の試合で、経験豊富な長谷部の力を必要とすることには変わりないだろう。苦しい試合展開になる可能性もあるだけに、ぜひとも“生粋のリーダー”のプレーに期待したい。

「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
ここで取り上げるのは、サポーターではなく「日本代表選手たち」が見せた美しきマナーについて。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
『黒帯KURO-OBI』『ハイキック・ガール!』など、凄いアクション映画を日本から世界に送り出すことを可能にした映画監督西冬彦。海外の映画を買い付けるバイ...
「好感度が高い人」になるためには、まわりから信頼されるように努めなければなりません。しかし、いきなり信頼を獲得するのは難しいもの。ビジネスパーソンに向けて...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
『スパイダーマン』『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』…。いくつになっても気になってしまう、マーベル映画。そんな、いつ何時でもワクワク心をくすぐってくれ...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、本日11月14日(土)に公開となった。「すべての問...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...