カジュアルに「漢方」と触れ合う台湾発のライフスタイルブランド「DAYLILY」オープン

CNNが“世界でもっともクールな百貨店”に選出した、台湾発の大型複合セレクトショップ「誠品生活」が、いよいよ本日「COREDO室町テラス」内にオープンする。「代官山 蔦谷書店」をモデルとした「誠品書店」に話題が集まるが、ヘルスコンシャスを選ぶ女性たちはこちらに注目だ。

日本初進出となる台湾のライフスタイルブランド「DAYLILY」が扱うのは、「漢方」をルーツとする品々。

単なる薬としてだけでなく、生活の一部として漢方が浸透する台湾。DAYLILYでは、漢方薬剤師と開発した食べられる薬膳茶「EAT BEAU-TEA」や、珍珠粉(真珠の粉)のサプリメント、高麗人参や当帰など和漢植物を使ったフェイスマスクシートなど、毎日の生活のなかで気軽に取り入れられるアイテムで、漢方の真髄に手軽に触れることができる。

ところで「誠品生活」といえば、目利きの品々とともに人気なのが体感型ワークショップ。もちろんDAYLILYでも開催が予定されている。第一回は「漢方薬剤師が教える 自分の体質タイプと季節にあった 漢方食材と台湾薬膳茶講座」(10/5開催予定)。詳しくは誠品生活の公式サイトで。

©DAYLILY JAPAN
©DAYLILY JAPAN
Top image: © DAYLILY JAPAN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本の女子たちが抱える「プチ不調」の新しい味方になってくれるかもしれない、台湾発の漢方ライフスタイルブランドDAYLILY(デイリリー)。お茶やフェイスマ...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
「ドムドムハンバーガー」初心者も、往年のファンも、2020年これだけは外せない!「絶対食べておくべき」マストメニューのご紹介。
10月11日、台湾発のドリンクブランド「Milksha(ミルクシャ)」が日本初上陸。東京・青山に日本第1号店をオープンする。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
スウォッチには発売当初からスケルトンモデルがあって、1983年のモデル「JELLY FISH」は伝説的な存在!「BIG BOLD JELLY」は、あの往年...
iHerb(アイハーブ)で買える、プロテイン20g配合のおすすめ「本格派プロテインバー」を紹介します。日本では珍しいあんな味も......!
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
台湾の総統府に宿泊できるという企画が発表され、申し込み受け付けが開始された。応募要項にはSNSに関連するいくつかの条件や事項などが含まれている。
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!