カジュアルに「漢方」と触れ合う台湾発のライフスタイルブランド「DAYLILY」オープン

CNNが“世界でもっともクールな百貨店”に選出した、台湾発の大型複合セレクトショップ「誠品生活」が、いよいよ本日「COREDO室町テラス」内にオープンする。「代官山 蔦谷書店」をモデルとした「誠品書店」に話題が集まるが、ヘルスコンシャスを選ぶ女性たちはこちらに注目だ。

日本初進出となる台湾のライフスタイルブランド「DAYLILY」が扱うのは、「漢方」をルーツとする品々。

単なる薬としてだけでなく、生活の一部として漢方が浸透する台湾。DAYLILYでは、漢方薬剤師と開発した食べられる薬膳茶「EAT BEAU-TEA」や、珍珠粉(真珠の粉)のサプリメント、高麗人参や当帰など和漢植物を使ったフェイスマスクシートなど、毎日の生活のなかで気軽に取り入れられるアイテムで、漢方の真髄に手軽に触れることができる。

ところで「誠品生活」といえば、目利きの品々とともに人気なのが体感型ワークショップ。もちろんDAYLILYでも開催が予定されている。第一回は「漢方薬剤師が教える 自分の体質タイプと季節にあった 漢方食材と台湾薬膳茶講座」(10/5開催予定)。詳しくは誠品生活の公式サイトで。

©DAYLILY JAPAN
©DAYLILY JAPAN
Top image: © DAYLILY JAPAN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本の女子たちが抱える「プチ不調」の新しい味方になってくれるかもしれない、台湾発の漢方ライフスタイルブランドDAYLILY(デイリリー)。お茶やフェイスマ...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
台湾の人気食雑貨セレクトショップ「神農生活」1号店が、大阪「あべのハルカス近鉄本店」に2020年秋オープン。バイヤーが台湾全土を回り“おいしさ”や“安心、...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
10月11日、台湾発のドリンクブランド「Milksha(ミルクシャ)」が日本初上陸。東京・青山に日本第1号店をオープンする。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
LAで大人気「台湾ひとり鍋」が渋谷区宇田川町に日本初上陸。ぼっち飯の選択肢がさらに広がりそう。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。