涼しさの演出ならピカイチ?高岡鋳物の真鍮製「雪だるま風鈴」

夏を感じる方法は、いろいろだ。

花火大会がなくたって、海やプールで泳げなくたって、この音を味わうことでだって、夏を感じることはできるよ。

それは、「風鈴の音」。

日本の夏の風物詩、風鈴は、かつて中国から伝わった青銅製のものが起源とされていて、よくないものを運んでくる強い風から身を守る「邪気除け・魔除け」として飾られていたとの説もあるんだとか。

今では銅や鉄、ガラスや真鍮、陶器などさまざまな素材のものが作られているだけじゃなく、世代を超えて楽しむことができるユニークなデザインのものもたくさん。奏でる音が自然な涼をくれる、とっておきの風鈴をご紹介します。

猛暑でも、ぜんぜん溶けない
「雪だるま」

能作のかわいい雪だるま風鈴「maruo」
©2020 NEW STANDARD

なんと、「冬の風物詩(雪だるま)」がモチーフになった「夏の風物詩(風鈴)」を見つけてしまったから事態は複雑だ。スイカやそうめんを食べながら、夏の窓辺で涼しげな音色を奏でる雪だるまを眺めることになるなんて、ややこしすぎる。

でも、何を差し置いても、とにかく見た目がかわいいってことをまずはお伝えしておきたい(それだけでもおうちに迎えたくなってしまうくらい)。

ちなみに、さらなる「寒さ」を演出している赤いマフラーは、取り外せるのでオリジナルのパーツに着せ替えできる楽しみもあるぞ。

能作のかわいい雪だるま風鈴「maruo」、マフラーは着せ替え自由
©2020 NEW STANDARD

ガラスのものとも違う、陶器のものとも違う、その澄み切った伸びのある音色は、富山県高岡市の伝統産業である「鋳物」の技術によって作られた「真鍮」ならではのもの。また、素材の美しさを表現するために、一品一品ロクロ仕上げを手作業で行って、 さらにガラスビーズによるブラスト加工後、銀メッキを施すというこだわりも。

なんだかいろいろと向き合っているうちに、うだるような暑い日、その見た目と音色で一番涼を演出してくれるのは、彼以外にはいないんじゃないか!?という気さえしてきたよ。

それに、ツライ、ツライと思っているとどんどんツラくなる。つまり、暑い、暑いと思っているとどんどん暑くなるから、この風鈴を眺めながら「寒いな〜、寒い寒い」ってつぶやいていれば、それはそれは涼しい気分になりそうだよね。(違うか)

雪だるま型風鈴「maruo」は、税込6,050円。能作の各店舗や、公式オンラインショップから購入できます。

【ちょっと聴いてみる👇】

Top image: © 2020 NEW STANDARD

ニュースレターに登録した人の中から
抽選で風鈴プレゼント!

※キャンペーンの締め切りは
2020年8月31日(月)23:59です

秋を知らせる鈴虫の声にも似ているとして、昔はその音を聞きながら暑い夏を乗り切ったとも言われている「風鈴」。中でも、音色もインテリアとしての見た目も楽しめる...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第三弾は、「金鳥」と「中川政七商店」がコラボし、江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」が手がけた「金...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
デザインにもこだわったイチオシの風鈴を、音動画も合わせて紹介。第七弾は、愛すべき定番、江戸風鈴。老舗・篠原風鈴本舗の手がけるちょっと変わったひょうたん型の...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第二弾は千葉・九十九里の工房で作られる「虹色風鈴」。ロマンチックな見た目は、ガラスに施された...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第五弾は、琉球ガラスで沖縄の海をイメージして作られた「海風風鈴」。鳴らしの部分にサンゴを使用...
フランスの老舗鋳物ホーロー鍋メーカー「STAUB(ストウブ)」より「ヴィンテージフライパン」が復刻発売。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...
夏休み最後にオススメのイベント、ファッションデザイナー・コシノジュンコ氏プロデュースによる「浜離宮大江戸文化芸術祭 2019」が、東京・浜離宮恩...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
1889年に富山県高岡市で創業した仏具鋳造作業所「小泉製作所」が製造する、形の異なるペアグラス「Kanpai Bell Pair」。現在、Makuakeに...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
僕は、基本的に手ぶらが好きなんです。大きなカバンを持ち歩くことも多いですが、手荷物は、ポケットの中におさまるくらいでちょうどいい。いつでも身軽でいたいんで...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...