母が屋根裏に遺した「禁断のネガフィルム」

Asyaさんがある日自宅の屋根裏部屋で見つけたというネガフィルム。いまは亡き母親が冷戦中のソ連で撮ったものですが、そのほとんどはプリントされずにしまわれていたのだそう。

というのもこれらの写真は、政府へ反抗するムーブメントが密かに行われていたころに撮られたもの。そして母親は写真家として深く関わっていたのでした。

でも当時のソ連政府への批判は、社会主義体制への批判ととられ得る危険な行為。言論統制もあったなか、様々な理由でプリントを控えていたのかもしれません。

4771166224908288
お母さん本人 レニングラード 1976年

58歳でソ連の精神病院(当時は政府への反対派が「精神病患者」のレッテルを貼られ、過酷な環境の精神病院に監禁されたケースも多かった)にて、病で命を落としたという母親。

娘として、Asyaさんは彼女の功績を世に出すことを決意しました。

ちなみに、これらの写真が撮られた1970年代後半から1991年ごろといえば、日本もロッキード事件が明るみに出たり、ゆとり教育が始まったり、ファミコンが出たりリクルート事件が発覚したり、パソコンが普及したり、平成や「失われた20年」が始まったりと激動の20年を過ごしていた頃。

「全ての歴史は現代史である」なんて言葉もあるけれど、今は「歴史」になったその時代の渦中を実際にいきていた人がいる。その瞬間が切り取られている。今それをどう見るか。そんなことにまで思いを馳せてしまう写真です。

世界の、大きな流れのなかで

5922118004899840
レニングラード 1976年
6363547898478592
レニングラード 1976年
5053982976245760
レニングラード 1976年
5000438424272896
レニングラード 1975年
5883514301972480
レニングラード 1976年
5242722361278464
レニングラード ネフスキー大通り 1976年
5308014454112256
プッシュキンズカヤ 1976年
4549706839490560
スタラヤ・ルーサ 1976年
6140264359919616
スタラヤ・ルーサ 1976年
6233263286779904
レニングラード 1979年
5258135925161984
レニングラード 1978年
4966497445216256
モスクワ 1979年
5494168268832768
レニングラード 1979年
5359168051478528
レニングラード 1976年
6002168679104512
レニングラード 1976年
5028603343405056
モスクワ 1976年

右は幼い頃のAsyaさんで、左は父親。

4825888403226624
トビリシ 1989年
4668873391472640
トビリシ 1989年
5543035601420288
モスクワ 1978年
6131368811560960
レニングラード 1975年
6451842091319296
モスクワ 1983年
4980934172475392
レニングラード 1976年
6309503922339840
レニングラード 1974年
6440530221203456
レニングラード 1978年
5060718827143168
レニングラード 1979年
6446464255393792
レニングラード 1979年
5751865501286400
レニングラード 1981年
5439218725683200
 アニチコフ橋 レニングラード 1976年
4589932563660800
レニングラード 1977年
5039089371840512
サンクトペテルブルク 1993年
5059762928484352
カルパティア山脈 1976年
6106834079318016
レニングラード 1977年
5334517623554048
レニングラード 1975年
4714958122123264
レニングラード 1978年
6433914360954880
レニングラード 1985年
5302927870656512
モスクワ 1988年
5951788310069248
モスクワ 1987年
5846010647543808
レニングラード 1988年
5188915547865088
モスクワ 1988年
5491280708632576
サンクトペテルブルク 1991年(ソ連消滅の年)
5760440940363776
お母さん本人 レニングラード 1989年

Asyaさんは、これらの写真を母親の名前をとって「Masha Galleries」と名付けたサイトで公開中。Instagramでも、多くの反響を呼んでいます。

Licensed material used with permission by Masha Galleries
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
仮面をつけ、網タイツを履き、鞭を振って、様々なSM道具でプレイに没頭するー。あのバービー嬢が、禁断の世界へ足を踏み込んでしまった。あられもない姿を眺めてい...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
写真は、名作猫ムービーの主人公・チグラーシャ。かわいい!という話。だけじゃありません。新宿で開催中の上映イベント「ロシアン・カルト2018」は、ロシアの魅...
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
フィルムの現像って、かなり手間がかかるものです。でも、この「LAB-BOX」は、フィルムカメラは持っているけど、自分で現像まではしていないっていう人向けの...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルに...
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
知らない土地の、知らない文化にもまれてくらす、同年代の若者たち。彼らはいったい、どんな日常を、どんな想いで、送っているのだろう。
いつでもそばにいてくれた、「母」という存在の偉大さに気づくのは、いつも『別れ』を意識する瞬間ばかりだと思っていた。だけど山川咲の『うまれる。』には、それと...