母が屋根裏に遺した「禁断のネガフィルム」

Asyaさんがある日自宅の屋根裏部屋で見つけたというネガフィルム。いまは亡き母親が冷戦中のソ連で撮ったものですが、そのほとんどはプリントされずにしまわれていたのだそう。

というのもこれらの写真は、政府へ反抗するムーブメントが密かに行われていたころに撮られたもの。そして母親は写真家として深く関わっていたのでした。

でも当時のソ連政府への批判は、社会主義体制への批判ととられ得る危険な行為。言論統制もあったなか、様々な理由でプリントを控えていたのかもしれません。

お母さん本人 レニングラード 1976年

58歳でソ連の精神病院(当時は政府への反対派が「精神病患者」のレッテルを貼られ、過酷な環境の精神病院に監禁されたケースも多かった)にて、病で命を落としたという母親。

娘として、Asyaさんは彼女の功績を世に出すことを決意しました。

ちなみに、これらの写真が撮られた1970年代後半から1991年ごろといえば、日本もロッキード事件が明るみに出たり、ゆとり教育が始まったり、ファミコンが出たりリクルート事件が発覚したり、パソコンが普及したり、平成や「失われた20年」が始まったりと激動の20年を過ごしていた頃。

「全ての歴史は現代史である」なんて言葉もあるけれど、今は「歴史」になったその時代の渦中を実際にいきていた人がいる。その瞬間が切り取られている。今それをどう見るか。そんなことにまで思いを馳せてしまう写真です。

世界の、大きな流れのなかで

レニングラード 1976年
レニングラード 1976年
レニングラード 1976年
レニングラード 1975年
レニングラード 1976年
レニングラード ネフスキー大通り 1976年
プッシュキンズカヤ 1976年
スタラヤ・ルーサ 1976年
スタラヤ・ルーサ 1976年
レニングラード 1979年
レニングラード 1978年
モスクワ 1979年
レニングラード 1979年
レニングラード 1976年
レニングラード 1976年
モスクワ 1976年

右は幼い頃のAsyaさんで、左は父親。

トビリシ 1989年
トビリシ 1989年
モスクワ 1978年
レニングラード 1975年
モスクワ 1983年
レニングラード 1976年
レニングラード 1974年
レニングラード 1978年
レニングラード 1979年
レニングラード 1979年
レニングラード 1981年
 アニチコフ橋 レニングラード 1976年
レニングラード 1977年
サンクトペテルブルク 1993年
カルパティア山脈 1976年
レニングラード 1977年
レニングラード 1975年
レニングラード 1978年
レニングラード 1985年
モスクワ 1988年
モスクワ 1987年
レニングラード 1988年
モスクワ 1988年
サンクトペテルブルク 1991年(ソ連消滅の年)
お母さん本人 レニングラード 1989年

Asyaさんは、これらの写真を母親の名前をとって「Masha Galleries」と名付けたサイトで公開中。Instagramでも、多くの反響を呼んでいます。

Licensed material used with permission by Masha Galleries
他の記事を見る
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
仮面をつけ、網タイツを履き、鞭を振って、様々なSM道具でプレイに没頭するー。あのバービー嬢が、禁断の世界へ足を踏み込んでしまった。あられもない姿を眺めてい...
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
写真は、名作猫ムービーの主人公・チグラーシャ。かわいい!という話。だけじゃありません。新宿で開催中の上映イベント「ロシアン・カルト2018」は、ロシアの魅...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第10弾はロシア編です。きっと格好なんてつけてないんだろうけどカッコいいミレニ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。当時の素材...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルに...
フィルムの現像って、かなり手間がかかるものです。でも、この「LAB-BOX」は、フィルムカメラは持っているけど、自分で現像まではしていないっていう人向けの...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...