約25%軽くなった!全米人気No.1ボトルブランド「Hydro Flask」の新シリーズ

全米人気No.1ボトルブランド「Hydro Flask(ハイドロフラスク)」から、新シリーズ「Lightweight Trail Series」が登場。日本国内でもオフィシャルサイトにて、先週3月19日より販売をスタートしている。

カラーやサイズの豊富なラインナップはもちろん、ハニカム構造の断熱キャップによる水漏れ防止や、保冷24時間・保温6時間が可能なステンレスを二重にした「TempShield(二重壁真空断熱技術)」といった機能面の充実ぶりでも支持される同ブランド。

今回の新シリーズは、遥か遠くまで続く長い道のり=「トレイル(登山道)」からインスピレーションを受けたデザインで、これまで展開されたHydro Flaskの同サイズのボトルに比べて約25%の軽量化を実現。

長時間でも楽しく持ち歩けるようにとの狙いだが、どのようなアウトドアシーンにも快適に持ち運びできるステンレスボトルは、お気に入りの飲み物と共に、新たな冒険へ誘ってくれるだろう。

©アルコインターナショナル
©アルコインターナショナル
©アルコインターナショナル

『Hydro Flask Lightweight Trail Series』
■「Lightweight Wide Mouth 24oz」
内容量:709ml
重さ :285g
カラー:clay、slate、obsidian
価格:5800円(税抜き)

■「Lightweight Wide Mouth 32oz」
内容量:946ml
重さ :335g
カラー:clay、slate、obsidian
価格:6300円(税抜き)

【販売】HydroFlask オフィシャルサイト
https://hydroflask.co.jp/index.html

Top image: © アルコインターナショナル
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ハワイ土産として人気となった〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉。ポップなデザインが注目されていますが、実際に使ってみると、その真価は“持ちやす...
〈メルセデス・ベンツ〉のロゴ入り〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉のボトル。いずれもアクティブシーンで活躍する機能性がウリのブランドだけに、相...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
いつでもどこでも、飲みたいときにお酒が飲みたい!というみなさん。その気持ちをファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。この「Bracelet Fla...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
4月4日、2016年に世界的に大ブレイクしたピコ太郎がYouTube公式チャンネルにアップしたのは代表曲をアレンジした、手洗い促進と平和を祈る“手洗いソン...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。
今週4月10日~12日の3日間、VR空間上で同人誌即売会「ComicVket 0」が開催される。VR機器、スマホ、PCから誰でも参加可能。バーチャル空間の...
2020年に向けたある方針を発表した「コカ・コーラ・スウェーデン」。それにより、スウェーデンでのバージンプラスチックの使用量を年間約3500トン、CO2排...
日本上陸5周年を迎えた「ブルーボトルコーヒー」が2月15日から感謝を込めたキャンペーンを展開。割引チケットの配布やスペシャルティコーヒー、限定アイテムなど...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
ボトルの飲み口や水の細菌を99.999%殺菌してくれるボトルキャップ「CrazyCap 2」とは?
ものすごく簡易的なモノに見えます。が、このボトルでろ過すれば、大抵の水が飲めるようになるそうです。詳しくは以下のとおり。<除去できるもの>・ウイルス(球菌...