コレは欲しい!あまりの柔らかさに誰もが絶句する「ウッドチェア」

「Vogue Living」「ELLE DECO」をはじめ、数多くのインテリア、ライフスタイル誌に取り上げられる、ロサンゼルス発のスタイリッシュでモダンなウッドベンチのご紹介。木製でありながら、ふんわり柔らかという表現が似合いそう!?

体のラインに合わせて
座面が沈み込む!?

ロサンゼルス在住のデザイナーAdam Friedman氏が手がけたこのウッドベンチ。腰を下ろすと、その人の体形にフィットする感覚が、どうやらたまらないらしいのです。

だけど、ウッドチェアといえば座面が布や革張りでもないかぎり、本来ならば「硬くて冷んやり」という印象を抱くはず。ところが、Adam氏のウッドチェアはさにあらず。なぜならこの椅子は、驚くほど柔らかく体が沈み込む仕様になっているから。以下の画像をチェックしながら、そのからくりを見ていきましょう。

450個のピースが
座った時の重みを分散!

じつはこのチェア、座面を構成しているのは一枚の板でなく、小さな木のブロック。その数じつに450ピース。この独立したブロックをつなぎ合わせることで座面を形成しているのです。つまり、人が腰を下ろし、座面に負荷がかかるときだけ、隣のブロックへと重さを分散して沈み込むという構造になっているんだそう。

それが、木製でありながら柔らかく、誰でも座った人の体に合わせてフィットする、このウッドベンチ「Block bench」の仕組み。これなら「くつろぎ感」や「心地よさ」を犠牲にすることなく、おしゃれなウッドベンチで好きなだけリラックスすることができますよね。

シンプルなラインとこの純粋なフォルムが◎。

材質はオーク材かウォールナットの2種類からセレクト可能。どちらも、使い込むうちあめ色にツヤが増し、経年変化を楽しめること間違いなし。

250個のピースで包み込む
一人がけチェアも

ベンチだけではありません。こちらは一人がけのラウンジチェア「Block Chair」。座れば、座面だけでなく背もたれも深く沈み込んでいくようです。同じピースがこちらは250個配置。

「OH, MY GOD....」
その心地よさ、衝撃的

では、正直どのくらいこのチェアが心地いいものなのか?その答えを示すヒントが上の動画にありました。初めて腰掛けた人たちの目を丸くしての驚きようと、その後の満足げな表情が、言うまでもなくその回答になっていますよ。要チェック!

ちなみに価格は4,000ドル〜6,200ドル、日本円にしておよそ45万円〜70万円と少々お高め。モノを長く愛用できる人向けかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Sitskie
アウトドアでもリビングでもいい。とにかく、ゆらゆらと週末の時間を楽しむのにピッタリな椅子だと思う。
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
フランスのアウトドアブランド〈Lafuma(ラフマ)〉の「Futura」です。屋内外どちらでも使える、折りたたみ式リクライニングチェア。ただし、ここで言う...
果たして、これでリラックスできるんだろうか…(笑)。
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
「ロッキングチェア」といえば、おじいさんが座ってゆらゆらしていそうな木製のイス。そんなイメージが一般的でしょう。しかしここで紹介するものは、その印象を一瞬...
日本製の「ウェアラブル・チェア」が登場!見た目もスマートです。ナニソレ?という人のために一言で説明すると「着用できるイス」ということ。…そのままかい!とい...
いったい、「誰がこれを必要とする?」といった根本的な議論はさておき、ロッキングチェアの特性をフルに活かして、ローテクながらじつに愛のあるプロダクトを開発し...
キーボード界に革命が起きた!と話題になった「Seaboard」ですが、その存在を知る人は、まだまだ少ないかもしれません。これは、ノラ・ジョーンズを発掘した...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
アウトドアのシーンでは、今、ひとりで心安らぐ時間を楽しむソロキャンプ、通称「ソロキャン」がひそかな人気を集めています。そこで今回は、そんなソロキャンの相棒...
BKFチェアをカジュアルにしたような、このタイプのチェアはいろんなアウトドアブランドから発売されています。どれも甲乙つけがたいのですが、〈All Abou...
底が丸みを帯びているから、まさにロッキングチェアのようにテーブル上でゆらゆら。一見すぐに倒れてしまいそうなこのデザインこそが、転倒を防止してくれています。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
もし自分が病気か事故で一度死にかけて、その後「第二の人生」を送れるチャンスを得たとしたら、何をするだろうか。アメリカのカリフォルニア州に、病気で命を落とし...
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...