世界初「ストリートミュージシャン」専門レーベルが誕生

才能があってもチャンスに恵まれない…“路上の原石”のまま埋もれていったストリートミュージシャンがどれだけいるだろう。世界あちこちの路上に、あるいは地下鉄の構内に。

彼らのパフォーマンスを、どうすればもっと多くの人に届けられるだろう。とロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました

立ち止まる、からSNS投稿へ。
未来のスターの新しいサポート法

このレーベル「Sound of Change」がおもしろいのは、限られたミュージシャンや専門家のみが参加するものではなく、私たちのような通りすがりの一般人や、かねてから応援している人たちの協力が不可欠であるという点。

Ba226187e66f385ec82629f643a5296aa22b87a2Dd4dc2b7c6e6536fc48239eb2c38d688a09c8d0a

演奏を耳にした通行人が、がんばっている姿やその美声に惹かれて立ち止まる。しばしオーディエンスとなり、それをただ見て聴いているだけでなく、これからはスマホでストリートミュージシャンたちを録画します。

62b2270dc438aadb948244b48e0757150c6d5757

その動画にジオタグ(位置情報)とアーティスト情報(名前やアカウント)を追加し、インスタグラムにハッシュタグ「#soundofchange」をつけて投稿。

00623cb688c82411a563d16fa90cfba1128e8d95

すると、公式ページのMAP上にインスタグラムの動画がレーベルに追加される仕組み。

この地図上の白いポイントが、ミュージシャンたちの活動拠点。クリックすれば、その街でプレイしている動画がポップアップして、プレイを聴くことができます。

スタジオでレコーディング、
iTunesやSpotifyにアップロードも

レーベルがミュージシャンと直接コンタクトを取り、プロのサウンドディレクターやスタジオとつなげてくれて、レコーディングする機会を設けてくれることも。

4d7cc81fa0f44bbd29e12786c5e50ccf818effd06413eb600e1986139735c73b27480e31f3feb289

さらに、レコーディングされたオリジナル曲は、iTunes、Google Play、Spotify などの音楽ストリーミングサービスにアップロード。

07bf24a2ffc74daa08aa75e44adfe6eda63eaa5d

その曲をユーザーが購入することで、ギターケースにお金を投げ入れるように、ミュージシャンたちをサポートする資金源になるという設計。これは考えられている!

ストリートミュージシャンたちは、自らの作品をカタチとして残せるようになり、彼らの今後の活動のための資金にもなるという、好循環がうまくいけば生まるのかもしれませんね。

Df726a53868054671960d330b2ecc4ec3c4c6297

現時点で約50,000回の曲がダウンロードされ、閲覧者数も17万人に迫る勢い。まだリリースされたばかりのサービスゆえ、ミュージシャンの数自体は多くはありません。

ゆえに……お気に入りのミュージシャンをアップするならば、多くの人の耳目に触れる今がチャンスかも。今まで地元でしか活動できなかったストリートミュージシャンたちが、いつのまにかグローバルで先に知名度を上げる、なんて逆転現象も起きるかも。

未来のスターをサイト上で発掘したり、実際に会いに行くことも。もちろん聴いて楽しむだけでもOKな、ストリート発の音楽を気軽に楽しめるプラットホームにもなりうる可能性を秘めています。

駅前や公園で響く歌声に、ただ通り過ぎるだけですか?それとも立ち止まってプロデューサー気分になってみたりして。

Licensed material used with permission by Sound of Change
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
シリア・スーダン・ソマリア・リビア・イエメン・イラン出身の6人のミュージシャンたちによる楽曲が、7月6日にSpotifyにて配信。彼らが歌ったのは、曲を作...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
Jaimie Wilsonさんは、アメリカ・フロリダ州に暮らすカントリーミュージシャン。端整な顔立ちと爽やかな笑顔が魅力的な彼ですが、つい数年前は「女性」...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
楽器をもっとクールなものにしたい。そう感じたのは、ミュージシャンのBrockett Parsons氏。彼はレディー・ガガのキーボーディストをつとめるほどの...
アーティストのSarah Rosadoは、世界中で人気のミュージシャンや歌手の似顔絵をコンフレークで作ります。一人ひとりの顔を眺めていると、それぞれの名曲...
ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
え、どゆこと?と思う人が大半かもしれません。こちらの動画から見てみましょう。クルクル回転する車輪。どうやら、その先に付いているムチのようなもので弦をバシバ...
ダブルワーク、要するに副業・兼業が珍しくない世の中になったとはいえ、“ミュージシャン×かき氷屋さん”という掛け合わせは、日本広しといえどこの方くらいなので...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオを紹介。電流が見える「テスラコイル」など、あらゆるテクノロジーを駆使...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのバンド「Vulfpeck(ヴルフペック)」が、3月2日にアルバム『The Beautiful Game』の日本盤...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
スウェーデンのミュージシャン、マーティン・モリンが、14カ月もの月日をかけて手作りした楽器が半端じゃないと話題に!そのカラクリは見てるだけでもワクワクもの...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた青年「Jacob Collier」。つい先日、...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...