大人のための「木馬」が、生産性を上げてくれるかもしれない。

ちょっと変わった形のこの椅子。あなたなら、どう座りますか?

って、タイトルで答え言っちゃってますが…。

背もたれにも見えますが、そう。

木馬みたいにまたがって、ゆらゆらするのが正解!

たとえば、こんな感じです。

「大人用の木馬」は
楽しみ方いろいろ

子どもの頃、なんだか理由もなく乗っているだけで楽しかった「木馬」。その大人バージョンとも言える椅子が、この「TROTE CHAIR」。

実際には「木馬」以外にもいろいろな使い方ができて便利なんです。

その1、パソコンを開いて作業するも良し。

その2、ノートとペンを置いて没頭するも良し。

その3、横に座って肘をかけても良し。

その4、普通の背もたれにしても良し。

デザインしたのは
プロじゃなくて学生たち

これらは、バルセロナにあるEINAの学生らによるプロジェクト「Way On」がデザインしたもの。アカデミックとプロフェッショナルの間を繋ぐWay Onは、社会に新しいアプローチをしていく取り組みを実践。今回の椅子は「Satelite Milano 2017」の展示にむけて用意されたものだそう。

あくまでもコンセプト段階ですが、狙いとしては「自由時間と作業時間の境界線をなくすこと」

同じ椅子にじっと座っているとなんだかかえって落ち着かない、という人もいるかと思いますが、ゆらゆらしながら過ごせば、気持ちもリラックスするんじゃないでしょうか。

あからさまに「木馬!」というデザインではないので、インテリアとしても絶妙な温度感で置いておけそうです。

Licensed material used with permission by EINA
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
果たして、これでリラックスできるんだろうか…(笑)。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
毎日つかうものだからこそ、選ぶときにはすごく悩んでしまう、椅子。ひとりのときは場所をとらないほうがいいし、お客さんが来たときにはたくさん座れたほうがいいし...
長い残業、続く会議、にもかかわらず、低い生産性…。そんな働き方の改革が叫ばれて久しい日本ですが、まだまだ徹底されているとは言い難い状況です。世界的には、短...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。