「週休3日」にしたら、仕事の生産性が劇的に上がった

過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前から言われていることなのだそうです。

週休3日制なんて
当たり前?

326593067 (1)

19世紀、工場のオーナーたちは従業員の労働時間を10時間に制限していました。その後、さらに8時間へと減らしたところ、生産性が上がったことに驚きました。ミスや事故が減り、そのために必要だった莫大な費用を削減できました。

SALON」には、時代の移り変わりとともに労働時間がどう変化してきたかが書かれています。そして、週40時間以上働いても生産性が落ちるだけだとも。

この歴史は、アメリカの経営学誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」に掲載された、共同編集長サラ・グリーン・カーミカエル氏の記事にも引用されています。

同誌によれば、コンサルティング・投資銀行・会計・法律・IT企業などで働く「常にオンだ!」なんて言っている人たちは、週に65時間以上働いている場合も少なくないようです。しかし、ある実験結果がその主張を覆しています。

2009年にハーバード・ビジネス・スクールが行った実験では、ボストンのコンサルティング企業の労働者たちに、メールチェックも許されない「真の休暇」を、週に一度、平日に与えました。これを5ヶ月間継続し生産性を分析したところ、週に50時間以上働いていた「常にオン」な人々よりもサービスの質が高くなったそうです。

過労の危険性

kuhrhr7239131516993

もちろん、「そうだ!週休3日が当たり前なんだ!休みをくれ!」なんて声高らかに宣言してしまうとヒンシュクを買ってしまいそうですが、そのほかにも長時間労働が健康や判断力にひどく悪影響をもたらすなんて分析結果があります。

たとえば、週の労働時間が55時間以上の人は、週40時間未満の人よりも、脳卒中33%、心疾患13%、とそれぞれ発症リスクが向上。様々な要因が考えられそうですが、2型糖尿病にも大幅になりやすくなるとか。もしそうだとすれば、深刻な問題ですよね。さらに、睡眠時間への影響も無視できません。

アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)に掲載された研究結果によれば、労働時間が減りリラックスできる時間が増えることで睡眠への導入がスムーズになります。そして、長時間労働者よりも回復する時間が短く済むそうです。そのほかの研究結果でもイライラが減りケンカをしにくくなると言われています。

人はエネルギーが不足すると、他人の感情を読み違える可能性が高まり、幸せと怒りの感情さえ読み間違えてしまうとか。これって仕事に必要なコミュニケーションをとる上ではけっこう致命的です。

たしかに週40時間以下の労働で週3日も休めるなら、家事も健康管理も滞ることなくストレスも溜まらなさそうです。とはいえ…なんですけどね。

Reference:SALON,HBR,HBR,ScienceDirect,NCBI,NCBI,

生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
「Make」の社員は、自転車通勤をすれば特別ボーナスがもらえる仕組みになっている。1日あたり5ドル。もしも1年の勤務日の半分以上に、自転車を使って出勤すれ...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
「月曜日だ!会社に行きたくない!」週末も終わりが見えてくると憂鬱になるのは仕方がないことですが、そうは言っても「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...