遠出せずとも「焚き火気分」にひたれるランタン

「結局、GWどこへも行けなかった……」なんて嘆いている人たちへ。郊外へと出かけずとも、自宅に居ながらにしてキャンプ気分を盛り上げる、こんなアイテムはいかが?

©Makuake

ドイツのプロダクトメーカー「hoefats」よりリリースされたトルネード式ランタン「SPIN90」。昨年デビューとともに大ブレイクとなった「SPIN120」の、こちらはダウンサイズ版だ。

屋外はもちろん、今度はよりべランピング屋内での使用にマッチしたサイズ感なのがうれしい。

近年、コンパクトな家庭用暖炉などに多く用いられる環境に配慮したバイオエタノールを燃料とし、火をつければ排出するのは二酸化炭素のみ。だからお手入れも楽々。

©Makuake
©Makuake

「SPIN90」最大の特徴は、ガラスシリンダーの中をクルクルと、火がトルネード状に回転しながら燃え上がる点。いつまでも眺めていたくなる炎のゆらめき。コレ、じつにシンプルでユニークな構造にあり。

台座に取り付けられたステンレスの筒の周囲には、3本のウイングが螺旋状に配置され、気流を下から上へと送り出すことで炎が煙突効果によって舞い上がるという仕組み。

これにより、キャンドルやLEDライトでは表現できない、独特な炎のゆらめきを焚き火でなくても手にできるというワケ。

自由に旅を楽しんだり、遠出をしたりがなかなか叶わないこのご時世にあって、QOLをほんの少しだけ引き上げてくれるんじゃないだろうか。

直径90mm、高さ400mm、重量は約2.6kgなら持ち運びも問題なし。本体価格は超早割の効く今なら、定価20%OFFの1万7600円(税込・送料込)

SPIN90

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/spin90/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
アウトドアブランド「LOGOS」の新商品「Bamboo コテージランタン 」。ボディ素材に天然竹を用いて、肌触りも風合いも、そして香りもイイ感じ。
石油ストーブメーカー「トヨトミ」から発売された「Re:flu」は「炎の新たな価値」に注目した新しい固形燃料ランタン。
創業70年の老舗ストーブメーカーが提案する、室内用ランタン「Re:ful」。日常にともる15分間の炎をインテリアに。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
「かぼちゃ」じゃなくて「メロン」でできたジャック・オー・ランタンがおいしそう!ケーキ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」から、マスクメロン...
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカー「TAKI BE COOKER」。
機能とデザイン、調理のしやすさ、さらには焚き火の炎の美しさにまで着目した、欲張りすぎる焚き火台「BonHax」
テラスで食事をするのに心地よい気温がもうすぐやってきますね。クーラーの下で食べていたおうちごはんも、ベランダやバルコニーで秋の風を感じながら食べるのとでは...
焚き火に安心感を求めた大型焚き火台「炎箱(ほむらばこ)」を紹介。
シンプルで、ソリッドで、ピュアな「焚き火動画」15選をご覧あれ。ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
ソロキャンパーにおすすめのコンパクト、多機能な焚き火台が登場。
京都・河原町の人気ホテル「GOOD NATURE HOTEL」が、アウトドア体験にどっぷり浸れる宿泊プランの予約販売をスタート。
5パターンに変化する焚き火台「トランスフォーム焚火台」
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
「Recamp」と「ハードロックカフェ」がコラボレーションし、焚き火と音楽をテーマにしたイベントを実施。8月22日(土)は焚き火ナイトを開催。
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
京都・河原町にある「植物のエッセンスを味わう」をコンセプトとしたカフェ・レストラン&バー「Hyssop(ヒソップ)」。ここで開催中のビアガーデンがおもしろそう!
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
心が落ち着く焚き火の灯と音楽を同時に楽しめる「カプセルスピーカー」が登場。