室内でもアウトドア気分!天然竹が香る「LOGOS」のランタン

キャンプシーンに欠かせないのがランタン。なかでも近年、ガス式やガソリン式とは異なる機能を備えた「LEDランタン」のシェアが伸びている。明るさ安全性使用できる時間の長さ。どれをとっても優れたアイテムとして人気なのだ。

アウトドアブランド「LOGOS」の新商品「Bamboo コテージランタン 」もまた、蓄電式のLEDランタン。言うまでもなく屋外仕様。でも、これが部屋のなかでもキャンプ気分を盛り上げるのに一役買ってくれそう!

©株式会社ロゴスコーポレーション

ボディ素材に天然の竹を用い、手触りも風合いも自然にとけこむ印象がイイでしょ?実 際、鼻を近づけると竹の香りがするんだそう。温もりある暖色系のライトはロータリースイッチで好みの明るさに調光できるので、大自然のなかでなくてもシーンに合わせた使い方ができる。

火傷や引火の心配がないのはもちろんのこと、USBによる蓄電式で乾電池も不要。ついでに「パワーバンク機能」も搭載。iPhoneなら約2.5台分の充電が可能だ。

置いてよし、吊るしてよしの「Bamboo コテージランタン 」は、1万4960円(税込)。アウトドアもインドアもこなせるランタンと思えば、この価格は決して高くないんじゃない?

©株式会社ロゴスコーポレーション

『Bamboo コテージランタン』
【商品ページ】https://www.logos.ne.jp/products/info/4605

Top image: © 株式会社ロゴスコーポレーション
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
石油ストーブメーカー「トヨトミ」から発売された「Re:flu」は「炎の新たな価値」に注目した新しい固形燃料ランタン。
創業70年の老舗ストーブメーカーが提案する、室内用ランタン「Re:ful」。日常にともる15分間の炎をインテリアに。
「LOGOS」より登場の「ソーラーブロック トップシート」は、テントに被せるだけで強烈な日差しを遮り、日向と日陰で15℃の気温差を生み出す。UVカット99...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
京都・河原町の人気ホテル「GOOD NATURE HOTEL」が、アウトドア体験にどっぷり浸れる宿泊プランの予約販売をスタート。
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。