オランダの「ナイトクラブ」が再開!その「ソーシャルディスタンシング対策」が話題

オランダのナイトクラブ「Doornroosje」が今月6日に営業を再開した。

でも「3蜜の代表格ともいえるナイトクラブ、ソーシャルディスタンシングはどうするの?」っていうのが気になるところ。

もちろん、このナイトクラブでも新型コロナ対策の一貫で試験的に新しいルールが設けられたのだが、そのルールのひとつが「イスに座って楽しむこと」

爆音でEDMが流れるなか、間隔を空けて並べられたイスに座ったまま体を揺らしたり、プチョヘンザする30人のゲストたち......(ちょっとシュールw)。

© fourfourmagazin/Twitter

これまでのナイトクラブのノリとは違うかもしれないけど、座ってお酒を飲みたい人とか、ナンパなしで純粋に音楽や雰囲気を楽しみたいって人には、このシステム、なかなかいいのでは?

今年はフェスもコンサートも、音楽イベントは軒並み中止、または延期

オンライン開催のものもあるけど、やっぱりリアルイベントが恋しいな〜。

Top image: © iStock.com/9Air
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
ドイツの連邦金融裁判所は、テクノミュージックを正式な音楽ジャンルのひとつとして認め、チケットの税率を引き下げることを決定した。
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...