オランダの「ナイトクラブ」が再開!その「ソーシャルディスタンシング対策」が話題

オランダのナイトクラブ「Doornroosje」が今月6日に営業を再開した。

でも「3蜜の代表格ともいえるナイトクラブ、ソーシャルディスタンシングはどうするの?」っていうのが気になるところ。

もちろん、このナイトクラブでも新型コロナ対策の一貫で試験的に新しいルールが設けられたのだが、そのルールのひとつが「イスに座って楽しむこと」

爆音でEDMが流れるなか、間隔を空けて並べられたイスに座ったまま体を揺らしたり、プチョヘンザする30人のゲストたち......(ちょっとシュールw)。

© fourfourmagazin/Twitter

これまでのナイトクラブのノリとは違うかもしれないけど、座ってお酒を飲みたい人とか、ナンパなしで純粋に音楽や雰囲気を楽しみたいって人には、このシステム、なかなかいいのでは?

今年はフェスもコンサートも、音楽イベントは軒並み中止、または延期

オンライン開催のものもあるけど、やっぱりリアルイベントが恋しいな〜。

Top image: © iStock.com/9Air
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
ドイツの連邦金融裁判所は、テクノミュージックを正式な音楽ジャンルのひとつとして認め、チケットの税率を引き下げることを決定した。
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
「Teva」がインスタントカメラブランド「Polaroid」と初のコラボ。今月6日(木)からTeva公式オンラインストアで2つのモデルを発売している。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
タイ・バンコクにあるベトナム料理店「Maison Saigon」が実施しているソーシャルディスタンス対策を楽しんでもらう方法のご紹介。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
日本人にも人気のオランダの都市ユトレヒト。この街にある300を超えるバス停の屋根の上がいま、草や野生の花々で覆われている。
ダンサーのSergey Melnitchenkoは、故郷のウクライナから中国を訪れた時、ある名もなきナイトクラブに雇われる。しかし、彼は働き始めてすぐに、...
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
オランダを拠点に世界各地で開催されている大型EDMフェス「Daydream Festival」が2020年4月、日本初上陸!
「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。特に注目して欲しいのは翼の部分。ここに座席が設置される予定なんです。
ロサンゼルスのクリエイティブスタジオ「Production Club」が提案している「Micrashell」のご紹介。これ、エンターテインメント産業向けに...
数々の賞を受賞し、世界中の映画祭で上映された、オランダのアニメーションスタジオ製作のショートムービー『A Single Life』。一人暮らしの女性の元に...
ドバイのナイトクラブ「Secret Room」。エントリーの際は指紋がID代わり。音楽のジャンルはヒップホップやR&B。AED10,000(約30万円)を...
オランダを拠点とする「Studio Roosegaarde」の最新アートワーク「GROW」は、農園が舞台。夜のネギ農園をライトアップすることで、農作物の成...
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
5/26に緊急事態宣言が解除されましたが、油断は禁物。そこで海外で行われている素敵なソーシャルディスタンスのアイデアを覗いてみましょう!
まるで大きなタイヤのような形をした「Bumper Tables」は、真ん中に入るだけで自然と360度ソーシャルディスタンスが取れてしまうスグレモノ。
思わず自分の目を疑ってしまった。でも、たしかに「THE FIRST HARD CORE BEE NIGHT CLUB(世界初ミツバチ用ナイトクラブ)」とあ...
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...