オランダ発、超話題の「EDMフェス」が2020年春、日本にやってくる!

2020年春、音楽フェスティバルの聖地オランダから、注目のEDMフェス「Daydream Festival」がやってくる。

毎年オランダで開催されるDaydreamは、これまでメキシコ、ベルギー、スペイン、中国などグローバルに展開。開催開始10周年というアニバーサリーイヤーに待望の日本開催が実現した。

2019年12月24日現在ところ、ラインナップに名を連ねているのは、世界最大のEDMフェスティバル「Tomorrowland」のレジデントDJであるDIMITRI VEGAS AND LIKE MIKE のみだが、今後のリリースからも目が離せない。

「ULTRA JAPAN」「Tomorrowland」「S2O」「EDC」……近年、EDMフェスが続々と日本に上陸し、動員数も右肩上がり。Daydreamも、エレクトロニックなダンスチューンとともに、壮大なスケールで“白昼夢”の世界に没入させてくれるはず。

現在、早割先行チケット(1万2000円)発売中。

 

※2020年4月13日追記/新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策として開催は中止となりました。詳しくは下記ホームページをご確認ください。

© Daydream Festival

『Daydream Festival Japan』

【会場】ナガシマリゾート 駐車場内特設会場
【住所】三重県桑名市長島町浦安333
【開催日】2020年4月19日(日)
【料金】当日1万4000円、前売1万3000円、早割1万1000円、VIP2万3000円。(すべて税込、予定価格)
【URL】https://daydreamfestival.jp/
※入場時ドリンク代別途1000円必要
※入場年齢制限なし。小学生以下の児童は保護者(20歳以上)購入のチケット1枚につき1名無料。

Top image: © 株式会社CBCテレビ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今年6月、EDMフェス「Versailles Electro」が開催予定。しかもベニューはあのヴェルサイユ宮殿!名前の響きだけでなんだか洒落た感じがします...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
3日間で9万人の動員を記録し話題になったEDMフェス「ULTRA JAPAN」にも出演していた超大物DJ「アーミン・ヴァン・ブーレン」のインタビューが「N...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
「NPO法人ミュージックフェスティバル協会」の呼びかけではじまったクラウドファンディング「フェス救済ファンド2020春」。音楽好きたちの支援の輪が広がっている。
ブルガリアの山中にある小さな村で開催される「Meadows In The Mountains」は、数日かけて開催される音楽フェスでありながら、ヨガやアーユ...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
今月6日、オランダのナイトクラブ「Doornroosje」が営業を再開。そのソーシャルディスタンシングのアイデアに注目が集まっている。
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
1997年にロサンゼルスでスタートして以来、北中米を中心に世界各地で開催されている『EDC(Electric Daisy Carnival)』年間100万...
チェコのフェス「Colours of Ostrava」。特筆すべきはその会場です。以前、鉱山や製鉄所があった場所なので、辺りには鉄骨がむき出しになった無骨...
「占いをもっと気軽にたくさんの人に楽しんでもらいたい」との想いから始まった人気占いイベント「占いフェス」が、今年は7月7日〜12日、「占いフェス at h...
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
今年で2回目となる「EDC Japan」に先駆けて、去る2月24、25日に「EDC Mexico」が開催。従来のフェスとは異なる要素がふんだんに盛り込まれ...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
サウジアラビア王国で巨大なEDMフェスティバル「MDL Beast Festival」が開催。長年音楽や映画などの娯楽が制限されてきた同国が、中東の音楽シ...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。