カマラ・ハリスが「白いスーツ」を着た意味について

11月7日、アメリカ大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領が当選確実と伝えられ、次期副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス上院議員が、デラウェア州ウィルミントンにて演説をおこなった。

「私たちには素晴らしい未来をつくる力があります」など、多くの人に希望をもたらす内容だったが、一部のメディアでは白いスーツを着用した意味が取り上げられている。

これは19世紀末から20世紀初頭にかけて女性の参政権を求めたグループ「サフラジェット」に敬意を表するものだと推測されている。というのも、彼女たちのシンボルカラーが“”なのだ。“サフラジェット・ホワイト”と呼ばれることも。

ちなみに、ヒラリー・クリントン元国務長官アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員なども白いスーツを着用した過去がある。

アメリカにおける2020年は、女性が参政権を獲得した1920年から、ちょうど100年を迎える節目の年。「サフラジェット」にリスペクトを込めているのは間違いなさそうだ。

Top image: © Tasos Katopodis/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事