5万年前の歴史が今も残る「ノーザンテリトリー」が教えてくれたこと。大切そうに見えるもののために、生きるのはやめよう。

オーストラリアの北部から中央にかけて、砂漠と湿原が広がるエリア「ノーザンテリトリー」。ここには、ふたつの異形の聖地が存在しています。

Photo by Akari Hatakeyama

ひとつは、ウルル(エアーズロック)。現在も先住民のアボリジニが儀式を行なう神聖な場所です。平坦な土地に突如あらわれる自然の突起物は、「世界の中心」「地球のへそ」と呼ばれることも。10年ほど前に社会現象となった映画『世界の中心で、愛をさけぶ』を思い出す人もいるのでは?

もうひとつが、36もの巨大な岩石が立ち並ぶカタ・ジュタ。アボリジニの言葉で「たくさんの頭」という意味を持つ聖地。なかでも岩の間をうねりながら、約7kmも続く道のりは「風の谷」と呼ばれ、トレッキングコースとしても人気です。

いずれも、世界のどこにも似た場所はなく、まさにここでしか体験できない光景は、多くの旅人たちを魅了しています。

northan_003

さらに、ノーザンテリトリーには、数々の世界遺産を空から楽しめる遊覧飛行や、クロコダイルのそばを横切るスリル満点のクルージングなど、大自然を満喫できるアクティビティも充実。星空の下で、ウルルやを眺めながらディナーを楽しめるツアー「サウンド・オブ・サイレンス」も人気です。

そんなノーザンテリトリーの魅力について、一人旅で人生が変わったというCrazy Weddingの山川咲と、オーストラリアに約16年間も滞在していたDJ/作家のロバート・ハリス、ふたりのゲストが語りつくすイベントを開催します!

oubobtn_09

Sponsored by Tourism Northern Territory
ノーザンテリトリーが
教えてくれたこと
〜大切そうに見えるもののために
生きるのはやめよう〜

日時:2016年2月1日(月)19:00〜22:00
場所:TRAVEL CAFÉ 飯田橋店(東京都千代田区飯田橋3-5-1)
参加費:3,000円(ソフトドリンク飲み放題+ビュッフェスタイルでの食事付)
定員:70名

プログラム
19:00〜19:20|受付開始
19:20〜20:00|登壇者が語るオーストラリアの魅力
20:00〜20:10|休憩
20:10〜21:00|ノーザンテリトリーが教えてくれたこと
21:00〜21:40|懇親会
21:50      |イベント終了

※当選者の方には1週間以内にご連絡させていただきます。
※当日、写真・映像撮影が入ります。参加者の皆様の映り込む可能性がございますが、ご了承ください。
※貴重品・手荷物は参加者各自の管理になります。
※ご当選者のみご参加いただけます。
※ドレスコードは特にございません。

【ゲスト】

ms.yamakawa
山川 咲
CRAZY WEDDINGブランドマネジャー
前職では、新卒採用責任者として独自性の高いプロジェクトを次々と立ちあげ朝日新聞の人気企業ランキングにおいて第10位の実績を創りだす。2011年に退職後、オーストラリアへの一人旅を経て「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを実現するために起業。業界で不可能と言われ続けた、人生を表現するオリジナルウエディングブランド・CRAZY WEDDINGを立ち上げ、代表を務める。著書『幸せをつくる仕事(講談社)』の出版など世の中に幅広く影響を与えている。
1551732_737445186279088_328965259_n
ロバート・ハリス
DJ/作家
横浜生まれ。高校時代から国内、海外をヒッチハイクで旅する。
上智大学卒業後、東南アジアを放浪。バリ島で1年を過ごしたのちオーストラリアに渡り、1988年まで16年間滞在。
シドニーで書店兼画廊「エグザイルス」を経営する。
また、映画・TVなどの制作スタッフとしても活躍し、帰国後、1992年よりJ‐WAVEのナビゲーターに。
現在、作家としても活躍。『エグザイルス 放浪者たち』(講談社)は若者のバイブルと謳われ、ロングセラーとして読み継がれている。ほかに『ワイルドサイドを歩け』、『人生の100のリスト」(ともに講談社)、『黒くぬれ』(祥伝社)、『アフォリズム』(NORTH VILLAGE) 他多数。

【モデレーター】

TABI LABO CEO
中学卒業後、単身渡米。16歳で高校を卒業後、起業。
911テロを経験し、アメリカ大陸放浪後日本に帰国。
帰国後は外資系金融企業や米軍基地のITプロジェクトにエンジニアとして参画。
19歳でDELL株式会社に入社後、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。
21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25カ国のクリエイティブコミュニティをまわる。復職後、25歳で最年少ビジネスマネージャーに就任。同社退職後、ソーシャルアントレプレナーとして九州宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月22日にTABI LABOをロンチ。TABI LABOは月間900万以上の読者に読まれるメディアに成長。

【会場について】
TRAVEL CAFÉ 飯田橋店

banner_900_300_iidabashi

プレミアムリゾートがテーマのカフェ。
旅とクルーズの映像を大型画面でお楽しみいただけます。
開放感のある店舗はパーティにも人気です。

oubobtn_09

「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
オーストラリアに暮らす先住民にとって、聖地と考えられてきた「ウルル」。通称「エアーズ・ロック」。ここへの登山は、2019年から禁止されました。この記事では...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
大切な人との別れが教えてくれたこと──。
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
いつでもそばにいてくれた、「母」という存在の偉大さに気づくのは、いつも『別れ』を意識する瞬間ばかりだと思っていた。だけど山川咲の『うまれる。』には、それと...
 ヒッピーと聞くと、かなりワイルドで自由奔放なイメージがありますが、どんな存在なんですか?第二次世界大戦後のアメリカは、戦争経験者が作った保守的な社会でし...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
優秀なあなたこそ必読!完璧主義を克服するための5つの方法なんでも完璧でなくては気がすまない。そんな「完璧主義な人」っていませんか?完璧主義は必ずしも悪いも...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
歴史上の人物たちの言葉が、今も多くの人達に届いているなんて驚きますよね。しかも、いつになっても学ぶことが尽きないもの。「I Heart Intellige...