ポップアップブック

面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
自分の名前とはとても大切なもののはずです。子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!細やかな装飾が施されてお...
ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。なんだかとてもファンタジーですね。このように、羽を広...
素材メーカーCocona社によると、断崖絶壁を登るクライマーにとって37.5度は理想的な体温。わずかな時間でも急変する山の気候を考えたら、体温をキープする...
このライフブックは内省ができる本。ワークに沿って書き込んでいくのが特徴だ。好きなことを見つけたり、夢や目標の捉えかた、1ヶ月ごとの振り返りシート、具体的な...
クリスマスで賑わう英レスターのショッピングモールに現れた、ポップアップストア「Mo Bros」。店員はみなサンタクロースと見まごうヒゲをたっぷり蓄えた店員...
ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。そんな...
〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉の「メタルブックレスト」は、オフィス用品として決してマストではないものの、あればあったで重宝する、そんな類いのプロダクトです。
Instagram(以下、インスタ)って本当に楽しいですよね!  お洒落な写真が撮れて、それをいろんなSNSで共有できて。でも、インスタをもっともっと楽し...
本と本棚の力に魅了された幅允孝さん。すべての本に丸をつけたい。この感覚を伝えるために、氏は自ら本を選びそれを並べる。数えきれないタイトルからこころの琴線に...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
もうお気づきの人も多いでしょう。1月14日、フェイスブックの「いいね!」ボタンが進化しました。え、まだ知らない?試しにボタンを長押ししてみて!フェイスブッ...
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...