いくら寝ても疲れがとれない…。「体内時計」を整えるセラピーランプ

夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自力で元に戻すのはなかなか難しいものです。

ならばプロに頼ってしまいましょう。「NASA」の技術にインスピレーションを受けた睡眠サポートデバイスが、こちらです。

宇宙技術を
「寝室」に持ち込む背徳感

Circadia」は、睡眠モニターとセラピーランプが一体になったもの。

昼も夜もない宇宙では、光がないので体内時計が狂いがち。そこでNASAは、宇宙飛行士の体調管理のため、光で体内時計をリセットする技術を用いているのです。

睡眠時の心拍、体温、呼吸状態、いびきなどをモニタリングし、集めた情報はスマホアプリに送信。質のいい睡眠がとれているか、体内時計に狂いが生じていないか、などを分析してくれます。

この結果と理想のリズムを比較して、就寝時間など調整すべき点をアドバイス。

「睡眠と起床」
両方にやさしい光のセラピー

また「Circadia」は、光療法のためのセラピーランプとしても効果を発揮するそう。

眠る前に30〜90分間ほど使用すると、入眠しやすいように体の調子を整えてくれます。また、夕方に使うと疲れを軽減させ、睡眠を誘発するホルモンの放出を促進してくれたりも。まさに「光のセラピー」。

そして、朝起きるときにもあなたをしっかりサポート。理想的な起床時間の15〜30分前にちょうどいい強さの光を発し、自然に目が覚めるのを手助けしてくれます。鳥のさえずりや波の音、クラシック音楽などをアラーム音として設定しておくこともできるので、心地よい音と光という最強の組み合わせで、素敵な一日の始まりを迎えることができるのです。

さらには、せっかくの海外旅行を台無しにしてしまう、つらい時差ボケにも対処可能。

「ジェットラグモード」を使えば、現地の時間に合わせて体内時計を調整してくれます。 ちなみに、ポケットサイズだから持ち歩きも楽々。

Circadiaは現在「Kickstarter」で189ドル(約21,000円)から資金を募集中です。

海外に行くことが多い人や睡眠に問題を抱えている人はもちろん、しっかり寝ているはずなのに体の疲れがとれない…という人も、じつは体内時計の調整が必要なのかもしれませんよ。

イスラエル発のカスタマイズ可能なランプ「PersonaLight」のクラウドファンディングが開始。
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いた...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
「The Neck Hammock」は、ドアノブなどに引っ掛けて、頭を専用の枕のようなものに固定して、首の疲れを軽減してくれる健康器具。使うときに必要な動...
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
「デジタル時差ボケ」とは、デジタルデバイスの使い過ぎによるブルーライトの悪影響で、睡眠のリズムが乱れて身体が常に“昼夜逆転状態”に陥ること。メガネブランド...
砂時計のような形をしたランプ「The Time Machine Table Lamp」が、寝る前や読書のお供としてちょうどいい!
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
植物を育てるという命を育む行為によって、無機質な社会で日々過ごしている都会暮らしの現代人の荒れ果てた心に、少しばかり癒しをもたらしてくれそうです。
「IKEA」と「SONOS」がコラボレーションし世界中で話題となった「SYMFONISK テーブルランプWiFiスピーカー付き」がついに日本で発売。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。