夜道を照らす「ドローン照明」このサービスは流行りそう

撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要な人にはこの先も。でも、「これはナイス!」と唸ってしまったアイデアを紹介します。

Light My Way
行く道をドローンで照らして!

映画『未知との遭遇』さながらのこの写真。家の真上にいるのはもちろんUFOではなくドローン。イギリスのある保険会社がサービス開始に向けて、最終段階に入った「Fleetlight」は、照明付きのドローンをアプリで呼び出し、目的地までの夜道を照らしてもらうというもの。

原理は単純。スマホのGPS機能をオンにしておけば、あとは上空からドローンが夜道を照らしながら追っかけてくれるだけ。

編隊を組んだドローンが
前後左右をライトアップ

200Wのタングステン電球を搭載したドローンは3機(目的によって4機)が編隊を組んでユーザーに同行。7メートル上空から1機はユーザーの前方を、感覚を開けて2機が左右から照明を当てることで、前後左右の明るさを確保するスグレモノ。

また、歩く速度から、ラン、自転車など、スピードに合わせてドローン自体のスペックも2パターン用意。自動車のスピードにも対応可能というから大したもの。たしかに夜道が危険なのは、なにも自分が歩いている(自転車に乗る)とも限らないわけで。

Fleetlightが重点的にテスト飛行を繰り返してきたのは、ロンドンから南に降ったサウスダウンズ国立公園内の町ペットワース。ここは、イギリス国内でも街灯が少なく“最も危険な道”、とマイナスなイメージが定着してしまっているエリア。

町では、夜道で危険な思いをしたり、怪我をするケースが毎年を絶たなかったそうです。また、真っ暗闇が犯罪の温床となっていることは疑いようのない事実、と保険会社のマーケティングディレクターの声を「Co.Exist」が紹介しています。

見守りドローン技術は
オープンソース

 都心で暮らしていると忘れてしまいますが、ちょっと郊外へ出ただけで、民家からもれる明かりも街灯の数もぐんと減り、月明かりだって心もとなく不安にさせるもの。女性なら尚更でしょう。

夜道での怪我や犯罪に保険をかけさせるのではなく、それを予防する対策に打って出た保険会社のアイデアがいいじゃないですか。

ちなみに、このFleetlingtプロジェクトはオープンソースで、世界中どこの地域やコミュニティでも、必要な人たちのために技術を活かしてほしい、と開発者。夜道を照らすトーチライトが近い将来、無人のドローンに変わる日がくるかもしれませんね。

Reference:Co.Exist
Licensed material used with permission by Direct Line Insurance
他の記事を見る
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
Bella Foxwellさんのインスタアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
楽しい楽しいショッピング、ついたくさん買ってしまうと荷物を運ぶのもひと苦労。「そんなの、彼氏を呼んで荷物を持ってもらえばいいじゃない」と言えればいいのです...