「STANLEY」と「Afternoon Tea LIVING」が初コラボした春限定の新色マグ

生活雑貨を中心に心地よいライフスタイルを提案するブランド「Afternoon Tea LIVING」から、アメリカ発のサーマルウェアブランド「STANLEY(スタンレー)」と初のコラボレーションアイテムが発表。4月10日(金)から順次、春色のピンクカラーを纏った限定色の真空マグ(0.23L)を発売する。

カラーは「Afternoon Tea LIVING」のSpring/Summerシーズンのテーマ“Color of the Day”に合わせたという。

ユニークでオリジナルなデザインで世界中の人々に愛され続ける「スタンレー」のアイテム。なかでも、この真空マグは圧倒的に女性人気が高いそうだが、意外にもピンクカラーを展開するのは世界初

正面に、両ブランドのロゴを組み合わせたダブルネームが入った貴重なアイテムは、全国の「Afternoon Tea LIVING」の店舗と「Afternoon Tea ONLINE SHOP」で販売。

新年度からの生活に、まわりとカブらない新しいマグを準備しておくなんてのはいかがだろう。

Top image: © Afternoon Tea LIVING
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「アマン東京」の33階「ザ・ラウンジ by アマン」にて、世界が注目するトップパティシエ、セバスチャン・ブイエによるアフタヌーンティーが楽しめる一週間。
コミュニティを作る型破りなお茶屋が代官山に誕生 カジュアルに本物のお茶を楽しめるティースタンドTEA BUCKS〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2...
〈アデリア60〉の「ルック マグ」は、1960年代後半にコーラを飲むために作られた「コーラグラス」が原型。アンバーの高級感ある色やマグタイプという点で進化...
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
伝統茶器で淹れる日本茶をオリジナルカップで味わえる中目黒にある日本茶とスペシャリティコーヒーのカフェartless craft tea & coffee〒...
キッチンウェアのトップブランド「ル・クルーゼ」が新色「ピュリストブルー」シリーズを先日22日からオンラインショップ限定で発売。
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
アメリカでは誰もが知っているアイスティー「AriZona Iced Tea(アリゾナアイスティー)」が、アディダスとコラボスニーカーを発表。だが、販売イベ...
飲み頃がずーっと続いてくれたならば、いつまでもおいしいまま。そういうところからスタートしたマグなんでしょうね。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
本日1月14日から紅茶を使ったスイーツ専門店「Tea Sweets Lab. CONTENART(ティースイーツラボ・コンテナート)」が東京・代々木にオープン。
スタバがコラボした限定商品ってだけで、購買意欲がそそられちゃいます。
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
「Victoria Bitter Tea」は、お茶なのにビール風味を楽しめるということがウリだ。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
韓国発の「CRISPY CHICKEN n’ TOMATO」が日本に初上陸。12月より、愛知・名古屋にあるタピオカ専門店「DING TEA 大須観音店」に...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
休日ともなればタピオカ店はどこも行列。もっと手軽に飲みたい!という人は“インスタントタピオカ”に注目だ。