東京・上野でのみ有効の「パスポート」って知ってる?

紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、これってナニ!?

ゴールデンウイークは、
文化の街・上野を満喫!

実はこの「UENO WELCOME PASSPORT」は、上野の文化施設を網羅した共通入場券。2016年1月2日(土)から10,000冊限定で発売中です。

このパスポートがあれば、東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、上野動物園、下町風俗資料館、旧岩崎邸庭園、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館の合計8施設の常設展等に利用期間中、各1回入場が可能。ただし、特別料金が必要な展示等は対象外となります。東京文化会館、国立国会図書館国際子ども図書館、上野の森美術館の3館では、パスポート持参者に先着でポストカードが配布される特典もアリ。

さらには、楽しみながら各施設を回れるよう、江戸時代に流行したなぞなぞ「判じ絵」を模したスタンプラリーも。施設を回って5個以上のスタンプを集めると、先着でオリジナルプレゼント「立版古」がもらえます。

利用期間は2016年5月31日(火)までで、価格は2,000円(税込)。ゴールデンウイークも利用できるのが嬉しいですよね。各文化施設の見どころは、こちらからどうぞ!

Licensed material used with permission by 上野「文化の杜」新構想実行委員会
餡バタ、ピスタチオ、えびふりゃー、ステーキなど約8種類の味が楽しめる「コッペパン専門店」iacoupé(イアコッペ)〒110-0007 東京都台東区上野公...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...