たった1枚の板なんだけど、スマート家具としては最先端。

アメリカに住んでいたときに、ずっと思っていたことがある。彼らって、新しいテクノロジーを使った製品を開発するのはピカイチだけど、デザインにおいて「調和」という概念があんまりない。

こんなことが頭の片隅に残っていたから、海外メディアで「mui」が紹介されていたときには、思わず目が止まってしまった。だって、どんな部屋にあったとしても、違和感を覚えることがなさそうだから。

でも、調べてみると、京都とボストンに拠点を置いている企業のプロダクトだと分かった。日本のお家芸とアメリカのテクノロジーが融合すると、こうなるようだ。

さりげなく活躍してくれる
スマートデバイス

パッと見た印象は、たった1枚の板。だから、どんな部屋にでも馴染んでくれる。

だけど、天気や時刻、メッセージをお知らせしてくれたり、エアコンや電気の明るさを調節できたりと、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているんだとか。

自分の部屋に置いておけば、気温を知れるから、どんな洋服を着ていくのかを決めるときにも役立つ予感。玄関にあったら、天気が分かるから、傘を忘れるなんてこともなくなるかも。

部屋にあっても主張しすぎず、ありのままで。だけど、僕たちの生活をより良くするために、さりげなく活躍してくれる。そう、“無為自然”な感じで。だからこそ、「mui」なんだとか。

今は、音声認識のテクノロジーを組み込むために改良をかさねているそう。日本で買える日も、遠くないかも。

Licensed material used with permission by mui Lab株式会社
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
愛猫への今年のクリスマスプレゼントはこれで決まり?福岡・大川市で2017年より町おこしの一環として市内の家具業者によって制作されたネコ用の家具“ネコ家具”...
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
遊牧民族のように引っ越しをどんどんするタイプの"ジャパニーズ遊牧民"の方、要チェックです。
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。