顔認証システムを最大限に生かした「アリババのホテル」

最近話題の顔認証システム。ジョージ・オーウェルの『1984年』みたいなディストピア、つまり監視社会になってしまうのでは?と危惧されていますよね。サンフランシスコ市はプライバシー保護を理由に、公共機関による顔認証システムの導入を禁止したばっかりだし……。

根本にあるのは使い方の問題なんでしょうけど、ここだけはどんなネガティブな意見があっても行ってみたい!

アリババのホテル「FlyZoo Hotel」です。

あらかじめ言っておくと、中国国籍を持っていないと一部のサービスを利用できないようですが、基本的にはすべて顔認証でOK。エレベーターやドアの開閉、料理の注文ができてしまう。

部屋では、カーテンを開けてなどと口に出したら、音声アシスタントがそれを認識して、快適な環境をつくるサポートをしてくれるとのこと(今のところ中国語のみ対応……みたいです)。

アリババとしては、自社の先進性をアピールするにピッタリな場所ですね。

©Alibaba
©Alibaba
Top image: © Alibaba
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
2019年にオープンから125周年を迎えたアメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズにあるホテル「The Roosevelt New Orleans」が、「ホ...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。当時の素材...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...