3兆4700億円!?「独身の日」だけで記録したアリババの売上

日本ではポッキーの日ですが、中国では11月11日を「独身の日」と呼びます。「光棍節」という名前でも知られていますよね。この日はインターネット通販会社が大規模なセールをおこなうのが慣習になりつつあるんだとか。

そんな日に驚異的な売り上げをみせたのがIT企業『アリババ』。24時間で、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。

日本円にすると……約3,470,000,000,000円。

「一、十、百、千……」と桁を数えるのが気が遠くなっちゃいますね。分かりやすくすると、約3兆4700億円です。計算上、秒速約4000万円のペースでモノが売れていたということになります。

ちなみに、この金額は昨年よりも27%上昇したそう。来年もさらなる飛躍を見せるのでしょうか?これが、世界一の人口を抱える中国の本気なんですかね。スゴい!

Top image: © iStock.com/honglouwawa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
アリアナ・グランデとジャスティン・ビーバーがコラボレーションした新曲『Stuck with U』。同楽曲の売上はすべて「First Responders ...
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
米ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港がアップグレードされました。投じた費用は、約200億円!例えばターミナルEでは、新たに4...
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
3月15日、RADWIMPSは新曲『Light the Light』を発表し話題となっている。世界的に広がりをみせるコロナウイルスの影響で苦しみ、不安を抱...
0円で最大3泊4日までクルマのある生活を体験できるサービス「0円マイカー・トライアル」が3月26日からスタート。5月15日まで期間限定店舗「マイカー・トラ...
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
iHerb(アイハーブ)で買える、リモートワーク中だからこそ食べられる「中毒性のある缶詰」3つをご紹介。いわしの缶詰、オイル漬けアンチョビ、スモークオイス...
多くのボクシングファンから“史上最強のボクサー”として賞賛されたモハメド・アリが6月3日、享年74歳で逝去。アスリートとしてだけではなく、人種差別や戦争と...
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
中国の杭州市に、空前のリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて...
情報格差をなくすように活動しているスタートアップ「OneWeb」が人工衛星を打ち上げました。世界中の子どもたちがお互いにコミュニケーションを取れる日がくる...