3兆4700億円!?「独身の日」だけで記録したアリババの売上

日本ではポッキーの日ですが、中国では11月11日を「独身の日」と呼びます。「光棍節」という名前でも知られていますよね。この日はインターネット通販会社が大規模なセールをおこなうのが慣習になりつつあるんだとか。

そんな日に驚異的な売り上げをみせたのがIT企業『アリババ』。24時間で、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。

日本円にすると……約3,470,000,000,000円。

「一、十、百、千……」と桁を数えるのが気が遠くなっちゃいますね。分かりやすくすると、約3兆4700億円です。計算上、秒速約4000万円のペースでモノが売れていたということになります。

ちなみに、この金額は昨年よりも27%上昇したそう。来年もさらなる飛躍を見せるのでしょうか?これが、世界一の人口を抱える中国の本気なんですかね。スゴい!

Top image: © iStock.com/honglouwawa
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
多くのボクシングファンから“史上最強のボクサー”として賞賛されたモハメド・アリが6月3日、享年74歳で逝去。アスリートとしてだけではなく、人種差別や戦争と...
線路沿いの古民家をリフォーム人と人をつなぐ中目黒のコーヒーショップONIBUS COFFEE〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-14-1http:/...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
アリといえば働き者の代名詞。ですが、どうやら事実とはちょっと違っているようです。アメリカ科学振興協会(AAAS)に紹介されたある調査結果によれば、ほとんど...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
独身の生活を楽しんでいる人にとって、周囲が「良かれ」と思って言うセリフも、じつはとても傷つくものだったりします。いい人なんてそんな簡単に見つからないし、一...
ハリウッドの中でも、セレブステータスの象徴が高級住宅街「ハリウッドヒルズ」に暮らすこと。最近、この地に豪華一軒家を購入した人物に、アメリカは話題騒然だ。な...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
「男性なんて追うべきではない」独身女性にそうメッセージを送るのは、ライターSheena Sharma氏。ほかでもない彼女もシングルだからこそ、その言葉が説...
日本ではいまだに、適齢期を超えても独身でいると、周囲からの視線が厳しくなる傾向があります。たとえ、キャリア的に成功していても、どこか哀れな目で見られたり、...
結婚式の準備もワクワクするけれど、独身最後は女同士で思いっきり羽目を外して騒ぎたい!と思ったブラジルのRebecaさん。けどコンピューターエンジニアである...