3兆4700億円!?「独身の日」だけで記録したアリババの売上

日本ではポッキーの日ですが、中国では11月11日を「独身の日」と呼びます。「光棍節」という名前でも知られていますよね。この日はインターネット通販会社が大規模なセールをおこなうのが慣習になりつつあるんだとか。

そんな日に驚異的な売り上げをみせたのがIT企業『アリババ』。24時間で、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。

日本円にすると……約3,470,000,000,000円。

「一、十、百、千……」と桁を数えるのが気が遠くなっちゃいますね。分かりやすくすると、約3兆4700億円です。計算上、秒速約4000万円のペースでモノが売れていたということになります。

ちなみに、この金額は昨年よりも27%上昇したそう。来年もさらなる飛躍を見せるのでしょうか?これが、世界一の人口を抱える中国の本気なんですかね。スゴい!

Top image: © iStock.com/honglouwawa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事