23歳独身。職業「ユーチューバー」はこんなにも金持ちだった・・・

ハリウッドの中でも、セレブステータスの象徴が高級住宅街「ハリウッドヒルズ」に暮らすこと。最近、この地に豪華一軒家を購入した人物に、アメリカは話題騒然だ。なにしろ、彼の肩書きが、23歳独身、職業ユーチューバーだったから。

ゲームの実況動画で
ハリウッドの仲間入りを果たした
23歳の男性ユーチューバー

WEB-02_15

YouTubeの動画配信で巨万の富を得たのは、ユーザーネーム「Captain Sparklez」ことJordan Mardonさん。彼のビッグサクセスを紹介する「METRO」の記事によると、ゲーム好きな人ならば「アメリカでは知らない者はいない」とまで言われるほどの超人気ユーチューバーだそう。
その彼が、いかにして“ハリウッドヒルズ族”への仲間入りができたのか?稀代のアメリカンドリーム体現者には、あの経済誌『Forbes』までもが注目している。

彼の仕事は、世界中で大ヒットした、ものづくりゲーム「Minecraft」のプレイ動画を実況配信すること。Captain Sparklezの名で運営するYouTubeチャンネルには、すでに900万人近い登録者が、彼の実況動画を楽しみにしている。
『Forbes』の記事によれば、Mardonさんがこれまでに配信した動画の総再生数は、驚きの19億回超え!しかも、最初にアップロードしたのが、今から5年前だというから、いかにCaptain Sparklezが人気チャンネルなのかが分かるはずだ。

ご存知の通り、動画再生によって得られる広告収入を主な収入源とするユーチューバーたち。彼もまた、日々ゲームをしながらその様子を動画配信することで生計を立てている訳だが、おそらくその稼ぎはトンデモないことに。というのも、今回Mardonさんがハリウッドヒルズに購入した、このゴージャスな家の価格が4,895万ドル(およそ5億8千万円)だというから、桁違いの広告収入だということは容易に想像が付くだろう。

プール、ジャグジー、BBQテラス
セレブな暮らしぶりに潜入

WEB-DJI00020

地上3階建て115坪のゴージャスな一軒家には、ベッドルーム3つ、バスルームが4つ。屋外プールにバーベキュー専用のテラスまで完備している。セレブになったつもりで、Mardonさんのゲーム御殿にお邪魔しよう。

WEB-02_54

WEB-02_92

WEB-02_144

WEB-02_42

WEB-02_104

WEB-02_147

WEB-02_141

ハリウッドの町並みを一望できるプール。晴れた日には、大西洋まで見渡せるそう。

さて、飛ぶ鳥を落とす勢いのCaptain Sparklezは、潤沢な資金を元に、現在アメリカの有名投資家ハワード・マークス氏を共同創設者として迎え、新たにモバイルに特化したゲーム開発会社XREALを創設。さらなるゲーム業界の活性化を目論んでいるようだ。「競争力のあるゲーム産業の未来を切り開いていきたい」と、『Forbes』に意欲を語っている。
彼のようなユーチューバーが、いつ日本から登場しても、もはや誰も驚けない時代なのかも。

Reference:METRO , Forbes
Licensed material used with permission by Dustin Nicholas

カナダのユーチューバーであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
QOLとは実は医療の現場で使われ始めた言葉。この記事では、QOLの意味や高めるためのヒントをご紹介。
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
最近、よく耳にするようになったユーチューバーという言葉。その新たな自己表現方法と働き方はまさに時代の先端ともいえる。YouTubeのCMでもお馴染み、日本...
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
大阪府のインターネットサーバー管理会社「ビヨンド」は、国内で初めて「Minecraft」を用いた会社説明会を実施する。通常の説明会で配布する資料を壁面ブロ...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、アルコールは要らないと思えるほど熱中できる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、パートナーと一緒にカップルでやる意味のある「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
「Yes Theory」というグループ名で活動するユーチューバーたちが、注目の的になったジャスティン・ビーバーの写真が自分たちが仕掛けたイタズラだったと発...
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
次世代シューズ「ACBC」は特許取得済みの技術により、ひとつのソールに複数のアッパーが付け替え可能。ジッパーで合体させるだけのラクラク設計。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、一度やったらヤメられない中毒的な「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。