30代独身女子がマンションを買おうと思ったら

A「私、マンション欲しいんだよね」
B「やめておきなって!独身女子がお家なんか買ったら、絶対に結婚できないよ」

みなさん、一度はこんな会話を耳にしたことがあるのではないでしょうか?かくいう私も、「マンション欲しいなぁ」と思ったことのあるひとりです。そして、実際に買っちゃいました。

購入当時、30代前半、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな私が、女ひとりでお家を買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことをご紹介します。

1 ローンが組めるのかを知る

4921644564873216

何千万もの貯金があるとか、親から多額の援助がもらえるならともかく、ほとんどの人はローンを組んでお家を買います。“住宅ローン”ってやつですね。そもそもこの住宅ローンは銀行などの金融機関と契約するのですが、独身女性って、ローンなんて組めないんだろうなぁと漠然と思っていました。

しかし、いざ相談に行ってみると、女性だとか独身だとかっていうのは、不安要素ではありませんでした。それよりはむしろ勤続年数やほかに借金がないかなど、一定の基準を満たしているかが大事。ちなみにクレジットカードのキャッシングも影響がありますので、ご注意を。

とにかく金融機関へ相談へ行き、自分がローンを組めるのかどうかを知ること。これがわかってからじゃないと、そもそも購入にアグレッシブにはなれません。

2 メリットを知る

ローンの返済の方が毎月の家賃より安いですよ。購入は資産になりますよ。っていうことは、大体どの不動産屋さんも言います。

これらはたしかにあてはまるのですが、私が一番メリットだと感じたのは、実は家を持てたという“自信”でした。家の購入までは結構なステップを踏みます。そのすべてに大人として対応していかなくてはいけないし、様々な書類を用意して、記入していきます。途中、交渉が必要なことも出てくるでしょう。

それらをひとりでこなして、最終的に私だけのお城とも言えるお家に入った時、なんだかとてつもない安心感と「私でもお家を買えたんだ」という満足感が湧き上がってきました。このことが自信に直結。なんだか、仕事でもやる気が増しちゃって、いつもより積極的になったり。

これが、私が思う最大のメリットです。

3 デメリットを知る

5155434801397760

物事には二面性があります。メリットがあれば、当然デメリットも。

お家を購入すると、まずかんたんに引っ越しはできなくなります。隣近所と相性が悪かったりすると、悲惨なことになる可能性も。自分の環境が変わる時(たとえば結婚するとか)にもついてまわる問題なので、気をつけなくてはいけません。

また、賃貸だと2年に1回ぐらいの頻度で更新料を払いますよね。それをきっかけに転居する人も多いと思います。お家を購入した場合は、当然、更新料はありません。でもその代わりに、毎年固定資産税を収める必要あり。「家賃負担が減って節約になるわ」と思ったら、後々痛い目をみることも。

ちなみに、購入の際にはお家の代金の他にも初期費用がかかります。デメリットと言い切ってしまっていいのかは考え方次第ですが、お金がかかるというのは知っておくべき。

4 相場を知る

お家の購入を本格的に検討するとなったら。まずは色々な物件を見に行ってみましょう。できれば、いろんな沿線、異なる駅の物件を見ることをおすすめします。

でも気をつけたいのが、女性がひとりで不動産屋に購入の相談にいくとナメられがちであること。もちろん、すべての不動産屋さんがそうだとは言いませんが、私は実際にかなりぞんざいな対応を受けたことがあったので、頭に入れておいた方が驚かないでしょう。

そこでおすすめなのが、単身者向けの間取り(1LDKなど)がある新築物件の販売センター。こういう物件は女性をターゲットにしていることが多いので、とても丁寧に対応してくれますし、購入のプロセスも説明してくれます。パンフレットなども女性を意識した設備にページを割いていることが多いので、見つけやすいと思います。

こうしていくつかの物件を見ていくと、大体の相場感がわかるように。同じ沿線で似たような間取りでも駅ごとに数十万円違ってくるんだなっていうことがわかってきます。

5 自分が人生に求めているものを知る

6574846196580352

ローンが組める。メリットもデメリットも把握した。相場も知った。

あれ?わたし、お家買えちゃう?

なんだかハッピーな感じになってきちゃって、えーい!って購入してしまいそうに。しかし、ここで最後に知っておかなくてはいけないのは、自分自身のことなんです。

今は独身だけど、将来的には結婚したい?
結婚という形にこだわらずとも、友達や親など、誰かと生活を共にしたい?
“お家”という環境に求めていることはなに?
どこに住みたい?

私の場合は…

できるかわからないけど、結婚はしたい!
   ↓
結婚できた時に賃貸に出すか、売却を視野に入れよう。ということは貸しやすい物件だな。


仕事でヘトヘトになって帰るから通勤時間が長いのはイヤ!
   ↓
職場から30分以内の物件だな。


大好きな街の近くに住みたい!
   ↓
行きつけの飲み屋のある街から徒歩圏内の物件だな。

こういう感じで、私の人生に必要なものを決めていったら、物件はひとつに絞られちゃいました。


いかがでしたか?軽い気持ちで始めた、物件探し。気づいたら、私は本当にマンションを購入していました。

それから数年がたった今、私は独身で家を買ったことを全く後悔していません。むしろ、この時の決断に救われているなぁと思うことの方が多いくらい。

購入するか、賃貸に住み続けるか、価値観やライフスタイルによって分かれて当然。でも、“購入”っていう選択肢を持ってみることは、けっして悪いことではないと思います。

現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思...
だれかは泣いているし、だれかはとっても喜んでいる。
身近に自然を感じられる暮らし。そんな理想を叶えるための選択肢として、建物全体が緑に囲まれているというのは嬉しいアイデアですよね。スイスに建設予定の117メ...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
30代に入る事も一つの大きな転機でもあります。20代で許された事が、30代でも通用するかどうか、一度自分自身を見つめ直し、今後のための教訓を学ぶべき一つの...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
20代から30代にかけては、ひとり暮らし、就職、転勤、結婚など、人生における大きな転機がいくつもあるはずです。ここでは、もうすぐ30代がもうすぐやってくる...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
若いうちからお金を貯めるべき、という意見もあれば、若いうちは思い切りお金を使って人生を楽しむべき、という意見もある。最終的にどちらを選ぶかはあなた次第です...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
発展が目覚ましい台北・東部の信義地区。このエリアに2017年内の竣工に向け、急ピッチで建設作業が続くタワーがあります。すでにその異様な容姿を目にした旅行者...
「住まい」の話をするとき、賃貸と購入はどちらが得かであったり、インテリアやリノベーションの仕方についての話になることが多いもの。しかし、世界がつながり始め...
「四十にして惑わず」と言われるだけあって、達観した人生観を持った素敵な40代男性は、20代や30代ともひけをとらずに恋愛を楽しめるはず。ここで紹介するのは...