【読んでもらいたい vol.9】文豪ヘッセこそ「植物男子」の先駆者だ

今年は梅どころか桜の開花もだいぶ早めの予報ですが、そろそろ家庭菜園のプランを考え始めるのがこの時期。さすがに気がはやいと思うでしょう、でも種まきからいくならば、ガーデニングシーズンはもう幕を開けているのです。

たとえばトマト、定植(苗木から畑に植え替える)する時期から逆算すれば、だいたい2ヶ月前には種まきを済ませておきたいところ。するとともうあとひと月もすれば、という計算が立つわけです。

園芸ショップで買える苗には限りがあるため、珍しい品種がそろう種子を通販サイトであれこれ探すのも楽しみのひとつ。また、海外へ出ればその土地の品種を仕入れてきたり(税関検査がちょっと面倒だけど)、気候が合わないとうまく育ってくれなかったり、屋外よりも室内のほうが適していたりと、まあとにかく手がかかる。だから、ミニトマトの栽培でよく「簡単」とか「初心者におすすめ」なんて文字を目にするけれど、そうは甘いもんじゃない、と思うわけで。

トマトの成長は
人間の傲慢さに似ている

トマトって驚くほどにたくましくて、わき芽をちょっとでも取らずにおくと、野生児のごとく自由奔放に、目が四方八方にニョキニョキと生えていく。こうなってはダメなんですが、それがまた愛おしくもある。放っておくとぐんぐん成長していくわき芽を、人間の性格になぞらえてこんな描写をした人物がいます。

文豪ヘルマン・ヘッセ。
ハサミを手に真剣な表情でわき芽を切りる本人の登場です。

「人間の場合と同じように植物の中にも つねにいくつか特にたくましいものがあり 貪欲に成長し ごうまんで 隣人に対して思いやりのないものがあるものだ」。

というわけで遅くなりました、【読んでもらいたいvol.9】は『庭仕事の楽しみ』のご紹介。ヘッセが庭仕事を通して学んだ「自然と人生」の本質的なつながりが、たくさんの詩とエッセイ、さらに自筆の水彩画とともに綴られています。もちろん、植物が大好きな人に時間をかけて読んでもらいたい一冊です。

庭仕事は瞑想である。

麦わら帽子を目深にかぶり、ラフなつなぎを着て、大地にひざをこすりつけながら雑草をむしる。これが『庭仕事の楽しみ』に登場するヘッセの姿。こうして集めた枯れ草で焚き火をし、一日のひとときを緑のなかに埋もれて過ごす。

20世紀ドイツの文学者は、生粋の“庭師”でもあったようです。その証拠にヘッセの後半生は、執筆以外の時間をほとんど自らつくりあげた庭で、四季折々の草花や樹木に囲まれて過ごしていたことが、この本を通してぼくたちが知る事実。

こうしてヘッセの私生活を“のぞき見”していくうちに、こんな仮説もあながち間違いではないかもしれない、と思えてくるのです。彼こそが「植物男子」の先駆者だ!なんてね。

ちなみに、ぼくは本の帯に書かれたこのフレーズだけで脊髄反射しちゃいました。

庭仕事とは、魂を解放する瞑想である──。 

その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりする時に、あったら便利だなと思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。便利なだけじゃな...
テキサス州の小学校の校長先生であるBelinda Georgeさんは、Facebookのライブ配信を使い、子どもたちに本の読み聞かせを行っています。途中、...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
8月27日〜30日に「アメリカ睡眠医学アカデミー」と「睡眠研究協会」が開催した年次総会「SLEEP 2020」にて、“夕方から夜にかけての電子機器の使用”...
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
家庭菜園のハードルをぐっと下げてくれる「OGarden Smart」。水やりをしなくても、日光が当たらないところでも、このマシンが勝手に調整してくれます。
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
Twitterが先日10日、記事を読んでからリツイートするようユーザーを促すテストをおこなっていることを発表。ユーザーが読んでない記事をリツイートしようと...
字幕をつけることを推進する団体「Turn On The Subtitles」が発表した研究によると、字幕をつけることによって読解能力と言語理解能力を向上さ...
中国政府は遼寧省北東部にある500の無人島の貸し出しを開始した。気になるそのお値段は、もっとも高い島は2.5エーカーで年間360万ドル(約3億8千万)、も...
12月10日に行われたノーベル賞授賞式の場に姿はなかったものの、晩餐会に向けた受賞スピーチ(代読による)で、世界の人々を魅了したボブ・ディラン。2016年...
大人になった今も、あれが何だったのかは、わからないまま。
2015年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さん。彼には人の話、本やテレビで感銘を受けた言葉、自ら思いついた言葉を「腹中有書」と題した備忘録に書き留...
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...