12人のLGBTQシニアたちに迫る展覧会「Not Another Second」が開催中

アメリカ・ブルックリンで開催中の展覧会「Not Another Second(もう一秒たりとも)」

12人のLGBTQシニアたちの、これまで本当の自分として生きてこられなかった“失われた日々”がつづられている。

© Watermark Retirement Communities/YouTube

1940年、50年代のニューヨークでは、ゲイであることはまるで病気のように扱われていたという。

その当時、危機感をもった母によって14歳のときに強制結婚をさせられたRev. Kennedy氏や、61歳になるまで本当の自分を周囲に打ち明けず、その後、アメリカで初めてゲイとして米国議会に出馬を表明したPaul Barby氏。

そのほかにも、誰にも語られることのなかった12人分のストーリーが、等身大の姿を映したシニアたちの写真とともに展示されている。

「我々の姿を見て、勇気をもらう若者もいるかもしれない」とシニアの先輩たちは語る。タイトルには“ありのままの自分でいられない時間を、一秒たりとも伸ばさないで欲しい”という想いが込められているのだろう。

展覧会は「The Watermark at Brooklyn Heights」で1月19日から3月まで開催されるが、公式サイトからもシニアたちのそれぞれのストーリーと写真が見られるようだ。

© Karsten Thormaehlen
© Karsten Thormaehlen
© Karsten Thormaehlen
Top image: © Karsten Thormaehlen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事