12人のLGBTQシニアたちに迫る展覧会「Not Another Second」が開催中

アメリカ・ブルックリンで開催中の展覧会「Not Another Second(もう一秒たりとも)」

12人のLGBTQシニアたちの、これまで本当の自分として生きてこられなかった“失われた日々”がつづられている。

© Watermark Retirement Communities/YouTube

1940年、50年代のニューヨークでは、ゲイであることはまるで病気のように扱われていたという。

その当時、危機感をもった母によって14歳のときに強制結婚をさせられたRev. Kennedy氏や、61歳になるまで本当の自分を周囲に打ち明けず、その後、アメリカで初めてゲイとして米国議会に出馬を表明したPaul Barby氏。

そのほかにも、誰にも語られることのなかった12人分のストーリーが、等身大の姿を映したシニアたちの写真とともに展示されている。

「我々の姿を見て、勇気をもらう若者もいるかもしれない」とシニアの先輩たちは語る。タイトルには“ありのままの自分でいられない時間を、一秒たりとも伸ばさないで欲しい”という想いが込められているのだろう。

展覧会は「The Watermark at Brooklyn Heights」で1月19日から3月まで開催されるが、公式サイトからもシニアたちのそれぞれのストーリーと写真が見られるようだ。

© Karsten Thormaehlen
© Karsten Thormaehlen
© Karsten Thormaehlen
Top image: © Karsten Thormaehlen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
世界的アーティストKAWSが日本初となる大型展覧会を7月に開催する。「ディオール」から「ユニクロ」まで幅広いファッションブランドとコラボするなど、時代を代...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
2021年の春、アメリカにLGBTQフレンドリーな銀行「Be Money」がオープン予定。店舗はLGBTQ人口の多い街であるロサンゼルスに構えるとのこと。
ジョン・レノンとオノ・ヨーコとの愛の軌跡を称えた展覧会「DOUBLE FANTASY – John & Yoko」が「ソニーミュージック六本木ミュージアム...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...