使われなくなった「鍵」が、命を吹き返した瞬間

捨てられた鍵や古びたコインも、創造力とノウハウさえあれば、見事なアート作品に化けてしまう。オーストラリア出身のアーティスト「Morekey」ことMichelさんが、まさにその人。見向きもされなくなった古いメタルを再利用して、アンティーク感漂う金属彫刻に変えてしまうアーティストだ。

使われなくなった鍵が
命を吹き返す

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-1

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-2

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-4

「いつだったか、物置を片付けていたら、リフォームする前の古い銅管がたくさん出てきたんだ。それをリング状に何本もカットして、球体をつくってみた。最初はデコボコでいびつだったのが、コツを掴んだらどんどん、面白くなってきて」

いらなくなった鍵や銅線をかたっぱしから集めてきては、作品づくりに没頭していったと語るMichelさん。
じつは彼、30年前にはんだ制作のクラスに一度だけ参加したくらいで、あとはほぼ独学だとか。YouTubeではんだ付けの動画を何度も繰り返し観て技術を身につけていった。と、デザイン系サイト「DeMilked」は彼を紹介している。

捨てられるモノを
少しでも活かしたい

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-3

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-13

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-11

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-5

「人が不要と感じるものをゴミにしたくない」と語るMichelさん。捨てるモノを少しでも減らしたいと願う彼の気持ちは、本業である木材加工業を通して森の中に分け入り、自然とつねに向き合っている彼の本音だろう。

Etsyで購入もできる!

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-7

サイズ100センチを超える、女体オブジェ。鍵を曲げて組み合わせただけとは思えないくらい、細部までディテールがよく出た作品。他にも重さ2キロもある大皿や、フットボール、王冠のオブジェなど、メタルアートは多種多様。

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-10

recycled-metal-sculptures-key-coin-michael-moerkey-9

現在、Michelさんの作品は、ハンドメイドクラフト専門ECサイト「Etsy」にて購入が可能。彼の作品に惚れ込み、オーストラリアだけでなく、アメリカ、スイス、カナダ、香港、イギリスと世界各国から注文が入り、本業の木材加工業が休みになる週末をフル回転して、制作にあたっているんだそう。これにはMichelさんも「嬉しい悲鳴」。氏のFacebookでは、制作の工程を見ることも。

 Reference:DeMilked
Licensed material used with permission by Moerkey

鍵は夢のなかで、精神世界の扉を開ける道具として現れます!では、細かくはどんな意味が含まれているのでしょう?<鍵の扱いに要注目>秘密や心の扉を開けるものを暗...
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
50ミリ角の立方体、重さもわずか150グラム。手のひらサイズのこのキューブのポテンシャルが、想像以上にスゴかった。ハンドクラフトを趣味としている人に紹介し...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
世界中で使われている南京錠。とっても便利なんだけど「鍵をなくした」「暗証番号を忘れちゃった」といった声もチラホラ。かくいう僕もその一人だ。でも、この「BI...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったとこ...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。