医師が教える「ダイエット中の間食」 バナナ・ヨーグルトはNGだった・・・

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

ただ今絶賛ダイエット中!だけど小腹が空いて我慢ができない…そんな時、"間食"にみなさんはどのようなものを食べていますか? アンケートサイト「みんなの声」の調査によると、下記のような結果になっています。

【ダイエット中の間食によく食べるのは?】

160111_doctors-me-sweets_01
この結果の真意について、医師に聞いてみました。

Q1
寒天・ゼリーは間食として
最適な食べ物なのでしょうか?


ダイエット中の間食によく食べるものとして、寒天やゼリーが上がりましたが、これは間食としてまずまず適していると思います。ダイエット中の間食に重要なのは、カロリーを摂取することなく、胃を膨らませることです。

その点で、寒天やゼリーは、体積が大きいですので、胃を膨らませることに効果的と思われます。また、よくかんで食べることで、満腹中枢を刺激することも出来ます。ただ、砂糖などの甘味料が入っていないものを選んで下さい。

Q2
上手な間食の仕方を
教えてください

上手な間食の仕方としては、カロリーを取らずに満腹中枢を刺激することが大事ですので、一つは、胃の中にある程度の体積のものを入れること、更には、よく噛むことで、満腹中枢に信号を与えることが必要です。つまり、水を沢山飲んで、胃を膨らませても、満腹にはならないのですね。

そして、間食の時間も大事です。通常の食事から3〜4時間で胃の中が空になりますので、その時間を見計らって、何か間食すると良いと言われています。

Q3
間食におすすめの食べ物は?
 doctors-me-sweets160111-01

医学的に間食として勧められるものとしては、今回のアンケートで上がった、寒天やゼリーがまず上げられます。その妥当性は先ほどお話しした通りです。更には、クッキーなども効果的です。これらは、噛むことが必要なのに加え、胃の中で水分を吸収して膨張することがその理由です。

最近は、ダイエット食品としての低カロリークッキーの販売もされていますので、寒天やゼリーだけで飽きることがないように、これらも使ってみてはいかがでしょうか?

Q4
間食に不向きな食べ物は?

間食には不向きなものとしては、もちろん、カロリーが高いものが挙げられます。チョコレートやジュースなどのおやつは、全くもって間食としては成立しません。あるいは、消化吸収がはやく、腹持ちが悪いものも空腹の誘惑に勝つための間食としては、効果がないと思います。

具体的にはヨーグルトやチーズなどの乳製品は、カロリーが高く、吸収も良いため、ダイエット中には適したものとはいえません。マシュマロやバナナ、など以前流行った食品も、同様と言えるでしょう。

Q5 
間食しないようにするには
何に気をつけるべき?

間食をしないためには、空腹を感じないようにすることが大事です。どういうときに空腹を感じるかというと、副交感神経が有意の時、つまり、気持ちがリラックスしているときです。仕事がとても忙しいとき、などは、交感神経優位ですので、空腹を感じることが少ないと言われています。元々、戦いの時に重要な神経ですので、空腹を感じている暇がありません。

何か、熱中できる趣味があれば、それも同様の神経状態になりますので、ダイエットには効果的かも知れません。


■医師からのアドバイス
間食に適している食材をいくつか紹介しましたが、適しているからといって、食べ過ぎはよくありませんので、間食の回数、量には注意しましょう。また、過度なダイエットなどはせず、無理せず健康的にダイエットする方法を心がけるようにしましょう。

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

ふとした瞬間に、心臓がドキドキする…そんな体の異変に悩みを抱えている方はいませんか? もしかしたら、ストレスから心臓に何らかの負担がかかっているのかも。 ...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナのダイエット効果の有無をハッキリさせるべく、疑問をぶつけた。
豆乳ヨーグルトとは「豆乳と乳酸菌で作られた、植物由来のヨーグルト」です。大豆が使われているため、味噌や納豆、醤油などと同じ植物性の発酵食品ということができ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
食べないダイエットはゆっくり太っていく。痩せるために大事なのは、自律神経のバランスを整える食事で燃焼と休息のメリハリをつけること。ワッフルやパンケーキが大...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
「おやつ」や「間食」と聞くと、罪悪感を感じてしまう人も多いのでは。健康的なものを食べたいけれど、近くに売っている場所もあんまりなくて…。「snaq.me」...
ご飯のカロリーってどのくらい?ご飯が太るって本当?知っているようで知らないご飯のこと。今回は、糖質や1日の摂取量の目安といった基本知識から、ダイエット中の...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
現役バリバリのCEOたちが、間食用にオフィスに置いているスナックって、どんなものでしょうか?もしかしたら今やアメリカでは、健康に気をつかいながらの間食は、...
花粉症の季節のヨーグルト図鑑。60秒で読めるヨーグル・レコメンド付き!
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
Bluetoothを活用した電子銘板システム「お守り de お墓参り」は、共同墓でも参拝者に合わせて表示名を変えてくれる。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差が...
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
病院に行くほどでもないけど、日常的に起こる「体調不良」ってありますよね。腹痛や食欲不振などなど…。もちろん市販の薬に頼るのもいいのですが、食生活で改善して...
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
ダイエットや健康維持として、広く世に浸透した感のある糖質制限。けれど、思ったより痩せない、体調を崩した、なんて声もよく聞きます。間違った知識で始めるのが良...