アメリカのCEOたちが間食する「ヘルシースナック7つ」

現役バリバリのCEOたちが、間食用にオフィスに置いているスナックって、どんなものでしょうか?

もしかしたら今やアメリカでは、健康に気をつかいながらの間食は、決して意識の高いことではなく、当たり前のことになっているのかもしれません。ライターEMILY LAURENCEさんが「Well+Good」に書いた記事を紹介しましょう。

Fe4f42ec9e4a7611b7c5b39c1260a6b9b98afede

みんな、夕方には小腹が空く時間帯があります。家にいたら、アボガドをのせたトーストやグリーンスムージーを作ることができます。でも、オフィスでは少し手間がかかってしまいます。ジュースミキサーを買うのも面倒だし、全てのスナックバーが健康にイイとは限りません。

これから紹介するのは、企業のCEOが忙しいスケジュールの中で食べているヘルシースナックです。

01.
ヨーグルトパフェ

Dona Chai(ブルックリンにあるチャイの専門店)では、ヨーグルトパフェは朝ごはんのモノだけではありません。

創設者のAmy Rothsteinさんはこう言います。

私のチームのみんなは、これにハマっています。10年くらい流行りに乗り遅れているかもしれませんが(笑)。オフィスにヨーグルトとフルーツ、グラノーラを買いためていて、自分のモノを作る過程も楽しんでいるんです

ヨーグルトの味やフルーツを変えれば、いつまでも飽きずに楽しめるのがポイントですね。

02.
アーモンドバター

8a08ad108aae6fb99f82e521221b9b085d3dbfc4

Epic Provisions(プロテインの多く入ったジャーキーを作る企業)のKatie Forrestさんは、食べ物に入っているプロテインの量を気にしているそう。それに最適なのがアーモンドバター。

手軽に食べれるモノなので、ミーティング前には最適かもしれません。

※「アーモンドバター」は、アメリカで流行っているピーナッツバターのようなモノ。グラノーラやトーストにかけて食べる人が多いそうです。

03.
スナックバー

どんなにジムに通っている人だって、甘いものは食べたくなるもの。

ClassPass(様々なエクササイズ教室を開くジム)のCEOであるPayal Kadakiaさんは、「つい、キャンディーやアメ、グミを食べてしまうんです」と言います。

でも、これを防ぐために、デスクの引き出しにはスナックバーやピーナッツバター、ニンジンが入ってるそうです。

04.
クラッカーとナッツバター

NAO Nutrition(栄養バランスのコンサルタントをする企業)のオーナーNikki Ostrowerさんは1日にたくさんの人に会うため、帰るときまでエネルギーを維持しなければいけないそうです。そんな彼女はこう言います。

私はクラッカーやナッツバター、プリン、草だけを食べた牛からできたビーフジャーキー、ベジスティック、前日の残り物を持って来ています

タフに生活するには、プロテイン、脂質、炭水化物の良いバランスが必要なんですね。

05.
バナナ

5518f6f2941afaa53d0e03370f7d59764d68c98b

もし30秒ほどでお腹を満たしたいなら、バナナの右に出る食べ物はないでしょう。Flywheel(新しいフィットネスを提供するジム)のCEOのSarah Robb O’Haganさんは、忙しいので頻繁に口にするそうですよ。「早くエネルギーになるから」というのが理由とのこと。

ちなみに、満足感を得るために、人工甘味料が入っていないので炭酸水もよく飲むそうです。

06.
ナッツ

Wanderlust(主にヨガ教室を開催するジム)の創設者Sean Hoessさんのエネルギーの源は、ナッツだそうです。というのも、プロテインや良い脂質が入っているから。

また、保存方法もカンタンなので、引き出しに入れておくこともできます。さらに、食べカスもあまり出ないのでオフィスにはピッタリ。 

07.
クラッカーとフムス

162a3060fe9f2e37c289ab08d3cd29d1f5411e4f

フムスはオーストラリアでヘルシースナックとして考えられていて、SoulCycle(主にフィットネスバイクの教室を開催するジム)のCEOであるMelanie Whelanさんの大好物です。さらに、グルテンフリーのクラッカーもよく食べるそう。

他には、甘塩っぱいモノを食べたい時のためにダークチョコレートに包まれたアーモンドも持っているとのこと。

※「フムス」とは、中東の広い地域で食べられている伝統料理。今ではオーストラリアなどでも人気があります。

Licensed material used with permission by Well+Good
「おやつ」や「間食」と聞くと、罪悪感を感じてしまう人も多いのでは。健康的なものを食べたいけれど、近くに売っている場所もあんまりなくて…。「snaq.me」...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
みなさん、「筋肉という財産」を増やすと、どんな素晴らしい変化が起こるかご存じですか?健康的になるのはもちろん、若さや美しさ…時をさかのぼるように調子を取り...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
コロコロと可愛らしく、シュガーフリー・グルテンフリー。天然素材を使っていて、おいしくて健康にもいいこのお菓子。でもじつは、ある秘密があるんです。それは、小...
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...