カーボンニュートラルでおいしい「スナック」が話題に

気候変動問題に取り組むスタートアップ企業としてクラッカーを生産する「Moonshot」が注目を集めている。

同社は梱包から配送までを気候に配慮しておこない、生産過程でのカーボンフリーを実現。また、農作物の生産者と直接つながることで、第一次産業での持続可能性にも取り組んでいるようだ。

というのも、同社の創業者は、革新的な方法でたちまちユニコーン企業にまで上り詰めた食品会社「Zume Pizza」の共同創立者であるジュリア・コリンズ氏。

徹底的な機械化&効率化により、注文から配達までを20分足らずで完了するピザのデリバリーシステムを完成させた彼が、今度はお菓子を通して、食べれば食べるほど、気候変動を支援するというシステムを作り上げたようだ。

© moonshotsnacks/Instagram

クラッカーの主な原料の小麦は、すべて再生農業を利用して作られたもの。再生農業は土壌の状態を改善しながら生産をおこなう手法で、より持続的な農業として注目を集めている。

コリンズ氏は「世界の温室効果ガス排出量の25〜30%は、私たちの食料システムから発生しています。そこにはたくさんの改善の余地があります」と語り、今後も環境問題に取り組む姿勢をみせている。

発売されるクラッカーには、現時点で「トマトバジル」「ローズマリーガーリック」「サワードウシーソルト」の3種がラインナップ。価格は5.99ドルからとなっているが、日本への配送は現在おこなわれていないので、共感した方は違う方法で同社を応援して欲しい。

Top image: © iStock.com/MariaTkach
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今、すべての人が学ぶべき考え方「カーボンニュートラル」。この記事では、その意味や現状について紹介していく。
『The Climate Trail』は気候変動によって人が住めないほど荒れ果てた世界を体験できるゲームアプリ。利用料は完全無料で、広告やアプリ内課金は一...
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
7月12日から、パリのカルティエ財団現代美術館の敷地内で展示されている「Symbiosia」。アーティストThijs Bierstekerさんが手がけた、...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ズッキーニのナムル」をさらにおいしくする、たったひとつの方法、教えます。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...