カーボンニュートラルでおいしい「スナック」が話題に

気候変動問題に取り組むスタートアップ企業としてクラッカーを生産する「Moonshot」が注目を集めている。

同社は梱包から配送までを気候に配慮しておこない、生産過程でのカーボンフリーを実現。また、農作物の生産者と直接つながることで、第一次産業での持続可能性にも取り組んでいるようだ。

というのも、同社の創業者は、革新的な方法でたちまちユニコーン企業にまで上り詰めた食品会社「Zume Pizza」の共同創立者であるジュリア・コリンズ氏。

徹底的な機械化&効率化により、注文から配達までを20分足らずで完了するピザのデリバリーシステムを完成させた彼が、今度はお菓子を通して、食べれば食べるほど、気候変動を支援するというシステムを作り上げたようだ。

© moonshotsnacks/Instagram

クラッカーの主な原料の小麦は、すべて再生農業を利用して作られたもの。再生農業は土壌の状態を改善しながら生産をおこなう手法で、より持続的な農業として注目を集めている。

コリンズ氏は「世界の温室効果ガス排出量の25〜30%は、私たちの食料システムから発生しています。そこにはたくさんの改善の余地があります」と語り、今後も環境問題に取り組む姿勢をみせている。

発売されるクラッカーには、現時点で「トマトバジル」「ローズマリーガーリック」「サワードウシーソルト」の3種がラインナップ。価格は5.99ドルからとなっているが、日本への配送は現在おこなわれていないので、共感した方は違う方法で同社を応援して欲しい。

Top image: © iStock.com/MariaTkach
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今、すべての人が学ぶべき考え方「カーボンニュートラル」。この記事では、その意味や現状について紹介していく。
『The Climate Trail』は気候変動によって人が住めないほど荒れ果てた世界を体験できるゲームアプリ。利用料は完全無料で、広告やアプリ内課金は一...
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
「Clubhouse」が、ついにアンドロイド版をローンチ!まずはアメリカから始まり、それに続いて英語圏の国々、そしてほかのエリアへと徐々に拡大していく予定...
「有楽町マルイ」に「Sustainable Think.(サスティナブルシンク)」が3月12日よりオープン!
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
7月12日から、パリのカルティエ財団現代美術館の敷地内で展示されている「Symbiosia」。アーティストThijs Bierstekerさんが手がけた、...
2030年までにカーボンニュートラルを実現するため、アメリカ・カルフォルニア州のペタルーマ市は、3月1日、ガソリンスタンドの新設を禁止した。
米国ニューヨークで誕生し、世界中へ展開をするサラダバーの人気店「Juts Salad」が、すべての商品に“カーボンフットプリント(CFP)”を取り付けるこ...
全国には、アナタの知らない「ご当地ヨーグルト」がたくさん!
9月20日に行われた大規模な「気候変動デモ」に先だって、ニューヨーク市の教育委員会は“ある思い切った決定”を下した。それによってニューヨーク市の公立学校の...
「FridaysForFuture」とロサンゼルスの広告制作会社「FF Los Angeles」がタッグを組み、強いメッセージ性のある観光ポスターを制作した。
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
12月2日、ニュージーランド政府は2つの約束を打ち出した。1つ目は、「気候非常事態」の宣言、施策を通して、地球温暖化による1.5℃以上の気温上昇を避けるこ...
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
環境問題やSDGsで注目が集まる「カーボンフットプリント」。言葉の定義から身近にできるアクションまで疑問にお答えします。
世界中でカーボンニュートラルやカーボンフリーの実現に向けたさまざまな施策が実施されるなか、フランスで“目からウロコ”ともいえる政府のプロジェクトが進行中だ。
排出量以上の二酸化炭素を吸収するカーボンポジティブな建物「Sunflower House(ひまわりの家)」が設計された。「わたしたちの街に自然を取り戻す」...
「パタゴニア」が気候のための行動を学ぶプログラム「クライメート・アクティビズム・スクール」を12月に開催。
ブルネイの熱帯雨林で発見された新種の貝が、スウェーデンの環境活動家「グレタ・トゥンベリ」氏にちなんで命名される。
12月21日、学術雑誌『Environmental Research Letters』にて、ひとつの論文が公開された。“動物性食品をとらないことは気候変動...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
サステイナブルな活動を積極的に進める化粧品大手「コーセー」の新たな取り組み。
今年1月、アメリカの科学誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』は、地球滅亡までの時間を表す「終末時計」の針を進め、午前0時までの残り時間...
iHerb(アイハーブ)で買える「小腹満たしにちょうどいいスナックバー」を3つご紹介。チョコレートシーソルト味、ブルベリーマフィン味、ハニーアーモンドバタ...
表参道COMMUNEに出店している「SILK FOOD(シルクフード)」で「蚕(かいこ)のお菓子」を食べてきたで!未来のタンパク源として注目を集めている「...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...