「カーボンニュートラル(カーボンフリー)」って何のこと?

カーボンニュートラル(カーボンフリー)という言葉を最近よく耳にする。しかし、その意味を説明できる方は少ないのではないだろうか。

環境問題やサステナビリティに密接な関係があるこの言葉。
地球温暖化の影響を肌身で感じるようになってきた今こそ、その意味をしっかりと理解しておきたい。

この記事では、カーボンニュートラルの意味や現状、具体的な取り組み事例について説明していきたい。

 

カーボンニュートラルとは?

地上絵
©iStock.com/Petmal

カーボンニュートラルとは、「ライフサイクルの中で、二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロ」の状態のこと。(出典:一般財団法人環境イノベーション情報機構)簡単にいってしまえば、二酸化炭素の排出される量と消費される量が釣り合っている状態を表している。

例えば植物は、光合成の際に二酸化炭素を吸収し、酸素を排出している。それに対して人間は日々呼吸によって二酸化炭素を排出するほか、工場や自動車などあらゆるところから二酸化炭素を排出している。こうした2つの反する状態がプラマイゼロになっているイメージを覚えておいてほしい。

従来のような化石燃料の利用では、この均衡は保つことが難しく、バイオマスエネルギーの利用などに切り替えて初めて、カーボンニュートラルな状態を達成できるのだ。

カーボンニュートラル先進国デンマーク

デンマークの首都であるコペンハーゲンは2025年までに、デンマーク全体としては2050年までにカーボンニュートラルを達成すると目標を掲げている。もしこの目標を実現すれば、世界初のカーボンニュートラル達成国となる。

例えば、デンマークの電力の33%以上は陸上および海上の風力発電機で賄われているという。経済産業省資源エネルギー庁の公開している資料によると、日本は2017年の時点で90%近くの電力を化石燃料による発電でまかなっており、デンマークがいかにカーボンニュートラルという領域において進んでいるかがお分りいただけるだろう。

こうした、デンマークの環境に対する姿勢は、デンマークの伝統的な考え方であるヒュッゲに通じるところがあるように感じる。ヒュッゲは人として生きる事を大切にし、幸せを感じる生き方。ヒュッゲな生き方を実現するためにもサステイナブルな環境作りは欠かせないのだろう。

▼参考記事はこちら▼

日本の現状

2019年11月下旬の環境省の発表によると、日本の二酸化炭素排出量は12億4400万トンで5年連続減ダウン。算定が始まった1990年度以降、最少を記録している。理由は、省エネ機器や再生可能エネルギーの普及、火力発電の割合が減少したことが大きいそう。

ただ、環境省が発表している、2030年の二酸化炭素目標値は9億2700万トン。まだまだ目標には程遠い。

東京都は2019年12月に、2050年にまでに二酸化炭素ネット排出量をゼロつまり、カーボンニュートラルな状態を達成しようという戦略「ゼロエミッション東京戦略」を発表した。この戦略はパリ協定にて目標とされた気温の上昇を1.5℃に抑えることを、世界的都市の責務として達成するために策定されたもの。具体的な目標について、現状の問題やこれからの方針と共に説明されている。

▼参考記事はこちら▼

二酸化炭素排出量を減らす取り組み事例

スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」

スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」が開発したのは、二酸化炭素排出量が一定量になると、利用制限がかかってしまうクレジットカード「DO」。二酸化炭素排出量を見える化することで、環境問題に主体的になれるアイテムだ。

スイスのコカ・コーラHBC社

世の中の二酸化炭素排出量に関する取り組みは「排出量を少なくしよう」というコンセプトのものばかり。逆に、「二酸化炭素使ってなんかつくればいいじゃん」という考えたことがある方も多いはず。

スイスのコカ・コーラHBC社の「VALSER」という商品は、空気中の二酸化炭素を使って作られた炭酸水。炭酸水に使われる二酸化炭素を空気中から得ることで、製造過程に発生する二酸化炭素とプラマイゼロに近づくはずっていうアプローチ。

▼参考記事はこちら▼

Top image: © iStock.com/artJazz

関連する記事

「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
環境問題やSDGsで注目が集まる「カーボンフットプリント」。言葉の定義から身近にできるアクションまで疑問にお答えします。
2030年までにカーボンニュートラルを実現するため、アメリカ・カルフォルニア州のペタルーマ市は、3月1日、ガソリンスタンドの新設を禁止した。
世界中でカーボンニュートラルやカーボンフリーの実現に向けたさまざまな施策が実施されるなか、フランスで“目からウロコ”ともいえる政府のプロジェクトが進行中だ。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
排出量以上の二酸化炭素を吸収するカーボンポジティブな建物「Sunflower House(ひまわりの家)」が設計された。「わたしたちの街に自然を取り戻す」...
12月2日、ニュージーランド政府は2つの約束を打ち出した。1つ目は、「気候非常事態」の宣言、施策を通して、地球温暖化による1.5℃以上の気温上昇を避けるこ...
気候変動問題に取り組むスタートアップ企業としてクラッカーを生産する「Moonshot」。同社の創業者は、革新的な方法でたちまちユニコーン企業にまで上り詰め...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
米国ニューヨークで誕生し、世界中へ展開をするサラダバーの人気店「Juts Salad」が、すべての商品に“カーボンフットプリント(CFP)”を取り付けるこ...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。
9月15日、「LEGO」が今後3年で最大4億ドル(約420億円)をサステイナビリティを実現するための取り組みに投資すると発表。2025年までには、すべての...
アメリカのバークレー市は、「ガス」の使用禁止を決定。地球温暖化対策として、2020年から施行されるようだ。
デンマークのリゾートアイランドであるボーンホルム島に、2021年夏に誕生予定の「Hotel GSH」が、かつてない“環境に優しい持続可能な建造物”であり、...
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
2020年、進化を遂げた各ブランドのスニーカーのなかから、2021年のスタートダッシュにおすすめのものを6つ紹介する。「デザイン」や「機能性」ばかりでなく...
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
「Allbirds」が100%植物由来の「プラントレザー」を開発。
オランダ企業4社の集うコンソーシアムが世界初となる「気候に中立な大型アトラクション」をデザイン。「Spiral Tower」と名付けられた建造物には、ソー...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
個人でもワンコインから屋上緑化に協力できるサービス「Beeslow Club」がリリース。
「Canada Goose」史上、もっともサステイナブルなパーカ「THE STANDARD EXPEDITION PARKA」が登場!
ペットボトルを利用して、部屋で簡単に家庭菜園を楽しめるキット「Bottle Farm」が注目を集めている。このキットを使用すれば、ペットボトルを用意するだ...