レベルが違う「ティーライトキャンドル」。

食卓やパーティーの飾りつけには欠かせないティーライトキャンドル。こちらは国内外で人気のお香ブランド〈KUUMBA(クンバ)〉のもの。

まず、バターみたいなパッケージが洒落てる。テーブルの上に、無造作に置きたくなります。

ガサガサと包装を開けると、ハンドメイドならではの不揃いなキャンドルが。火を灯すと、ほのかにエッセンシャルオイルの香りがしてきます。香りは全20種類。豊富なラインナップは、ブランドの公式HPでチェックできます。

つまり、パッケージ、質感、いい香りとキャンドルに求めるすべてが詰まってる!

100均でも売ってるティーライトキャンドル。これは同じものでも、まったくレベルが違います。ギフトにしても喜ばれそう。

47907687240826886636736138444800

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。
倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
今春、フライドチキン味のマニキュアで話題をさらったKFCが、クリスマスを前にまたもユニークなアイテムを開発。今度はなんとキャンドルです。本来、癒しやリラッ...
グロい。グロ過ぎる。でも、精密に作り込まれてる分、かなりリアルに感じる。それにしても、悪趣味だと言わざるを得ない。で、ツッコミたくなる。「おい、どんな時に...
バターが燃える、って意外と知られていないかもしれません。ここでは、YouTube動画で紹介され話題になった緊急時に役立つ「バターキャンドル」の作り方を紹介...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
いざって時にライトニングケーブルがない! そんな事態に陥ったことが、iPhoneユーザーであれば誰もがあるはず。万全を期すなら、自宅用・車内用・持ち歩き用...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
〈Chaco(チャコ)〉の「Z/VOLV(Z ヴォルブ)」は、クッション性、アッパーのフィット感を高いレベルで実現しています。