「素材がちがうよ」っていうキャンドル

 

いきなりですが、キャンドルってほとんど買わないです。電気ではなく火を灯す、それ自体は素敵で好きなのですが、あのなんとも重たい香りが気になる。結局、香りを楽しみたいときはライトなルームスプレーやアロマディフューザーを選んでしまって……。

でも「sheep」にはときめきました。香りもいい、キャンドルそのものも素敵、パッケージもお洒落。もちろんそこも魅力ですが、そこ「じゃないところ」でも、選ばせてくれるからです。

 

 

「sheep」は、天然素材を用いたキャンドルの制作や香りの調合、パッケージングまでの工程を手づくりでおこなうソイキャンドルブランド(※)

香りは無香料で(これならディナーのテーブルにも置きたい!)、クローブやベルガモットなどの精油をつかったライトなものがメイン。さらに、捨てられるはずだったオーガニックアールグレイティーの茶葉などをキャンドルに混ぜることで、香りの中にもアクセントを。

キャンドルを、素材で選ぶって新鮮。自分の中にあたらしい基準ができることは、またひとつ自分を喜ばせる方法を知れたということ。こんなやさしいキャンドルなら、ちいさい子がいるあの人のおうちにも贈りたいな。

※すべてのキャンドルが、天然由来の大豆油のみを使用してつくられています。

 

池尻大橋「BPM」にて、あたらしい季節に楽しむための
アイテムを集めたPOP UPイベントを開催します。

FOR GIRLS - 春を待つ人に贈るアイテム -

アクセサリーに、お花に、キャンドルに。
春の気配を感じながら、ちょっとだけ女の子が華やかになれる。
そんな素敵なアイテムをまとめた POP UPイベントを開催します。


イベント期間中「sheep」では、ボタニカルソイキャンドル、持ち運べる虫除けソイキャンドルも販売します。


日時:
2019年3月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)11時〜19時

場所:BPM(東京都世田谷区池尻2-31-24 信田ビル2F)

出展ブランド:
Iria Ashimine / guiLE BÉNÉFIQUE / つめをぬるひと / mm / sheep / Kyoko Tsuda / Aji Project

料金:
入場無料

Top image: © 2019 TABI LABO
見た目はとってもシンプルな三角形の「キャンドルベース」。油さえあれば火がくようにしてくれます。サラダ油やオリーブオイル、廃油でも大丈夫なんだとか。
昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。
100均でも売ってるティーライトキャンドル。だけど、これは同じものでも、まったくレベルが違います。ギフトにしても喜ばれそう。
倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のStrap Mocです。